『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

原因と結果の法則

今日の日記は、半分軽い気持ちでよんでほしいのですが、もし、今が、つらすぎて明日が見えないというとき、藁をもつかみたいような状況になったときに参考にしてほしいものとして書いてみます。

創造性(=いろいろやってみよう、工夫してみようという気持ちが起きること)は「楽しいことがら」に取り組むとき発揮されやすいんですが、否定的と思える状況の中に自分がいる時にも「同様に使える考え方」です。ところが、否定的な状況のとき「心の余裕や冷静さ」をもつのが(一般に)むずかしいので「あるオマジナイ(?)」を考えました。

このオマジナイは「オマジナイらしくないオマジナイ」です。そのまえに少々お付き合いください。

私は読んだことがないんですが、『「原因」と「結果」の法則』とかいう本があります。⇒ジェームズアレン


読んではいませんが、他にも原因と結果についての本がいろいろあります。これはお釈迦様も言っていた「因果応報の法則」ということです。で、こういう本は「役に立つといえば役に立つのですが、役に立たないといえば役に立たないんです。」

というのは、この原則は「実際には個人個人が持っている観念を通して」表れるからです。(法則はシンプルなものですが、理解した後の、「自分の観念に取り組むこと、吟味して捨てるかとっておくか決めるところ」が、やっかいなのです。)

ちょっと怖い話をします。「観念が破壊的なまま」つっぱしるとあまり良くないことが起こるようにみえます。

(私もだったんですが)、お金について「否定的な観念」をもっていることがあります。お金に対しての「否定的な考え方」というのとはちょっと違います。

具体的にお話します。たとえば、お金を稼ごうとすればするほど、また、稼げば稼ぐほど、「身の回りに良くないことがおこったり、病気になったりする」人がいるんです。これは「考え方」というより「観念」からおこります。ペットを飼っている人は、ペットが自分の身代わりになるといったこともあります。(これを、たとえば、祟りとか思うひとがいますが、それは一つの見方にすぎません。)

観念は「一種の回路のようなもの」ですので、回路に電流がながれなければ「回路がもたらすもの」に気付きません。

上の例で言うと、お金を稼ぐことを始めたとたん、回路が働き出し「自分や家族が病気になったりします。」(注意:観念は個人個人違うので、この話は全く実感がないというひともいますし、すごく思い当たる人もいます。また、単なる偶然だよ・・という立場を取っていないことにも気づいてください。)

さて、おまじないの話です。オマジナイのいいところは「とても楽である」という点です。

オマジナイらしくないんですが、(自分が思うに)カナリ強力なものです。絶望の中で祈るより「強力」なオマジナイです。(強力とは・・よく効くということです。)

このぐらいいっておかないと「ナーンダ」(笑)とおもわれますから。

オマジナイです。
「わざわざ、私が○○でいる必要があるのか?」
「他のやりかたで学べるんではないのか?」


こう心の中で唱えてください。(書くこと、寝る前などに紙に数回書くというのもいいでしょう。)

応用例です。
「わざわざ、自分がガンにかかる必要があるのか?」
「他のやりかたで、学べるんではないのか?」です。

もちろん、自分が言いやすいように、方言にして(笑)いいかえるのもOKです。

「ガン」が治りますように!・・というのより遥かに強力です。
(でも医者にかからなくていいというのではありません。医者も病気の回復について、後は本人の体力とか、精神力・・といったこともいいます。)

今日のオマジナイのポイントは「具体的な答えを無理して求める必要はないということです。」オマジナイですから、ただ唱えてください。

これは、否定的な状況に対するクスリのようなものです。ある意味「観念に直接影響を与える」方法です。ウイルスにたいするワクチンのようなものとかんがえていいでしょう。

さて、観念という仕組みを考える時、面白いことがいえます。
観念とは「1つの回路のようなもの」といいましたが、「小さな電流を流したらどうなるか?」を考えてください。

答えです。小さな結果がでます。すなわち、「小さな失敗で修正できれば大きな失敗を避けられる」ということが理論上いえます。

そこで家訓です(笑)。

小さな失敗から学んでいこう!(^o^)/

小さな失敗こそ「ツイてる」し、「ラッキー」なんです。

(例えば、こどもの時期にお金について、小さな失敗を経験して学んでおけば、大人になって大きな失敗を引き起こすことが大変少なくなります。もちろんお金以外のことにも言えます。)

病気のようなものでも、たとえば「おたふく風邪」なんかは、子供のときにかからないで、大人になってからかかると症状が重くなるといった面白い(?)現象もみられます。


今日の最後に、こんな言葉を書いてみます。

「皆さんは、答えを外に見ようとして質問というひとつの極を創ります。理解して欲しいのは、もし皆さんが質問を創造できるならば、すでに自動的に答えを受け取っているということです。・・これが完全性の本質です。そして人は誰もが完全な存在、素晴らしい存在なんです。」
スポンサーサイト
  1. 2004/11/15(月) 04:45:38|
  2. 原因と結果の法則|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。