『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アンタッチャブル

以前、日記で書いた、そのつもりはないのに腹筋を鍛えてしまった(笑)という話。

実は、アンタッチャブルというお笑いコンビのDVDを買ってみてるんです。(お笑いDVDを買ったのは初めてです。)

最近は、他の方も、たとえば、波田陽区とか、も面白いといえば、おもしろいんですが、DVDまで買って見ようとは思わないんです。彼には次々と新しい人を、または、一度ネタで取り上げた人でも違う角度から斬っていって楽しませてほしいですね。でも本やDVDは買いません(笑)。 買うのは、アンタッチャブル。何度みても笑えます。おかげでカナリフッキンを鍛えました。(笑) 

彼らは、血液型でいうとマイペースB型同士のコンビで、どっかの中小企業の社長のような(笑)風貌の山崎が、「半分天然か(?)」というような能天気なボケにたいし、同じくB型の柴田がリズムよく激しく突っ込むというコント漫才です。(関西系のものとはちょっと違います。)

最近は嵌ってまして(笑)、TV放送のものも録画して集めだしています。昔と同じテーマのネタがあるんですが、多分だいたいのことは決めておいて、実際は、それぞれが、自分のセンスでアドリブもかなり入れてるんじゃないかとおもいます。
(血液型B型コンビということからも?そう思います。笑)

TVでアンタッチャブルが笑える人はDVDも是非楽しんでみてください。

⇒『爆笑オンエアバトル アンタチャブル』

⇒アンタッチャブル(公式サイト)

スポンサーサイト
  1. 2004/11/16(火) 07:04:02|
  2. なにげない話や日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

江原啓之~スーパーTV情報最前線

昨日の夜10時から、スーパーTV情報最前線で「江原啓之」さんのことを取り上げていました。

江原さんは「霊視したり、守護霊と会話したりして」、人生相談に答えたりしている人です。

私は、本は買った事はないですが、本屋やコンビニで立ち読みしたことがあります。その当時はTVにあまり出ていないようっだったので、霊能力者だとはおもいませんでした。でも、立ち読みした感じでは「とても素晴らしい考え方」を持っている人だなとおもいました。(それで、この日記でも取り上げてみようとおもいました。)

⇒江原啓之の本

たとえばですが、江原さんの本を読んだ人は、(多分)「私も同じようなことをいっている」と感じるかもしれません。

これは、「このような考え方が、様々な時代に、いろいろな人たちによって、違った形で、語られてきたものと共通する部分がある」というだけの話です。

因みに、番組のなかで江原さんが

霊能力で人は幸せになることはない。
守護霊というのは、あなたに幸運を運んでくれる天使ではない。

と言っていましたが、当たり前のことです。でも、人は、誰か他のものが、他の人が、守護霊が、・・自分に幸せをくれるのではないかと思っちゃうようなんですね。

ちょっと、言葉が悪いかもしれませんが、「霊能力」というのは漫才で言う「つかみ」、そして「客寄せパンダ」的なものと考えられるのです。本当はその先、つまり、「肯定的に生きるとか、与える事とか、無償の愛とか」のほうがバランス的には大切なわけです。(これが理解できれば、霊能力が本物かどうかを見分けるといった必要性さえなくなります。そうすると、それ以外の分野、いろいろな分野で肯定的なものの考え方を持っている人を見つけることができますので、そこからも学ぶことが出来ます。霊能というのも、スポーツなどと同じく一つの分野ということになります。)

「守護霊」については、この言葉自体が、紛らわしんじゃないかと私は思っています。守護しているというより、指導しながら彼らも「学んでいる」からです。だから「学び霊」でいいとおもうんです(笑)。

私がいうのもなんですが、半分冗談だと思って聞いてください。

前、日記で、いろんな事件を,否定的な事件でさえ、肯定的に見ることができるといいましたが、守護霊といわれる人(?)たちは、指導している一方で、物事を肯定的にみるという学習をしているんではないかとおもうんです。

ですから、生きているうちから練習しておくと(笑)、優秀な守護霊になれると思いますよ(笑)。


といっても、これは身内(とか祖先?)だからこそ大変だと思います。例えば、親が自分の小さな子供が転んだのをみると、ついつい手助けしてしまいたくなります。しかし、時には「本人の学びのために」、本人が自分で起き上がるのを、心配しながらも黙って見ていなくてはならないという意味でもあるんです。



また、番組のなかで「オーラ」ということをとりあげていました。オーラは、本人の考え方、感情、健康状態と関係します。
(オーラは科学的に測定も出来ます。)

だから、「幸運を運んできてくれる」のは、むしろ「オーラ」のほうなんです。オーラは、自分がつくるものだからです。

まあ、TV番組的には、インパクトに欠けるかもしれませんが・・。

これについては、また、あらためて語ってみたいと思います。

今日の日記のまとめです。・・「守護霊よりオーラや!」(笑)

そうそう、こういうことを語ったからといって、守護霊が怒って、イタズラするなんてことはありません(笑) 

  1. 2004/11/16(火) 04:25:26|
  2. 「発想転換」日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

10 | 2004/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。