『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

子育て

今日は、子育てについて昨日買った一人さん本を引用したいと思います。

天気予報をみてると「低気圧前線」がやってきてということを耳にすることがあるとおもいますが、心の世界でも低気圧前線みたいなものがくることがあります。

そういうものとは無関係な心の持ち方であればいいのですが、中には、そういうのに同調してしまう場合があります。つまり、普段より「大きな結果」(=社会事件)として出ることがあります。

「同じような事件」(航空機事故・陰惨な事件等)が続けておこるなあ・・というのを感じたことがあるとおもいますが、そういうようなメカニズムがあります。

昨日買った本(の1冊)は「斉藤一人 魔法のお悩み解決法」という本で、普段の日常よくある悩みや問題についての一人さんのアドバイスを著者の小俣さん(女性)が、どう受け取りどう実践しているかを書いた本です。

特に、小俣さんのお子さんの悩みに対し、一人さんはどんな回答をしているかは、とても勉強になるのではないかと思います。

基本的な考え方は
「杉の子は小さくても完璧に杉なんだ。人も同じこと。子供はどんなに小さくても完璧にその人なんだよ」ということです。

小俣さんの息子さん(貫太くん)が、小学校1年生のとき、他の家族とレストランで食事のとき、他の子は「トンカツにしようかな?」「ハンバーグ食べたい」とか言うのに対し、貫太くんは何もいわず黙っていたんです。本人にきいたらこういったといいます。

「ぼくは何でもいい。お母さんが決めて。」

小俣さんは次のように思ったといいます。
・・私はハッとしました。私はそれまで、息子をおとなしい子供だとおもいこんでいたんです。ところが、息子の一言を聞いて、息子が異様な姿をしていることに気づいたんです。

・・それは、固まったように無表情で、自分の感情もなく意見もない。そして、人にいわれるままぎこちなく動くまるでロボットのような子供の姿でした。

・・私が、ハッとしたのは父が自分にしたことを、今度は自分が息子にしていたということにも気づいたからです。まず、何をするにも怒るほうが先になっていたんです。怒れば子供が伸びると勝手に思い込んでいたんです。とにかく、先走って叱るんです。「これやっちゃダメ!」「アレやっちゃダメ!」、そして貫太が何かやると、「そんなことしちゃだめでしょ!」と叱っていたんです。

・・そして、「ハンカチ持った?」「忘れ物ない?」と常に先回りしていたんです。

・・私は、自分のしたことが恐ろしくなり、一人さんにアドバイスをもとめました。

(管理人)こんな感じで書かれている本です。因みに、小俣さんは息子が小学校1年生のときに気づいたということですから、すばらしいです。大抵は、もっとあとで、中学生ぐらいになって子供が暴力をふるいだすようになってやっと異変に気付きだすパターンが多いのです。

また、最近多いといわれる学校でのイジメのこともかいていました。もちろん、イジメということの中で、関係する人が学ぶわけですが、さすが、一人さんのアドバイスです。これは、イジメを直接なくそうというものではありませんが、結果的にはカナリの効果があると思います。

関係者に多いに学んでもらう(笑)方法です。(ただし、イジメを受けているほうにも学ぶことがあることに注意してください。)

一人さんいわく
「いいかい。イジメを解決したかったらできるだけ騒ぎを大きくするんだよ。親が、怒鳴り込む、裁判に訴える、警察に行く・・。とにかく揉め事を大きくする。ただ、悲しんでいたいならなにもしなきゃいい。でも、解決したいなら揉め事をおおきくすること。」

(管理人・注 自分の子供も、相手の子供も、回りの出来事、親の姿勢をみて学ぶべきことを学ぶことができます。場合によってはおおごとにすることで、相手にも学ぶチャンスを提供していることになります。もちろん、大事にするまでもなく解決できることもありますが、1対1ならともかく、1対多数というのがイジメの構造なんで、一人さんのいうような方法も心に留めておくといいとおもいます。)
 

さて、一人さんがいう親のすべきことは3つあるそうです。

1 子供を信じてあげること
2 自分で考える材料を与えてあげること
3 働くことは楽しいと教えてあげること


1について・・(一人さん)・・親が「子供をなんとかしなくちゃ」なんて思わなくていいんだ。子供はそんなことしなくても、ちゃんとした人格を持った人間なんだから、しっかり育っていく。こまっちゃん(小俣さんのこと)ができることは、こまっちゃんが変わること。こどもを信じてやれるように変わることなんだ。」

⇒斎藤一人...魔法のお悩み解決法(小俣和美 著)



スポンサーサイト
  1. 2004/11/25(木) 17:38:40|
  2. 「発想転換」日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハウルの動く城

今日はメンズ曜日(入場券1000円)だったので「ハウルの動く城」を見てきました。

1回みただけでは「状況」が呑み込めませんでしたが、そこがまた、もう一回みたいと思わせるテクニックかなと思います。
(ナレーターによる解説を入れればわかりやすいんでしょうが、宮崎駿監督ジプリ作品は、この手の手法をとらないようです。)

解説なしのほうが、不思議観があっていいかなと思います。

声優にキムタクがでてましたが、あまり気になりませんでした。


全体の感じは「千と千尋~」を家族向きとするなら、今回は、ちょっと「カップル向き」の心温まるアニメでした。アニメとはいえ映像は、前作同様、すばらしかったです。また、見にいくでしょう(笑)。

あと、今日は本屋で斉藤一人さんのお弟子さん本を2冊買ってきました。(^・^) 

本を立ち読みすると、本当にハッっとさせられることが多いんで買ってしまうんです。

中に、ちょっとしたエピソード話があったんですが、たとえば、
一人さんは、観音様に願掛けするときに「過去形で言うといいよ」ということをいうそうです。

普通なら、たとえば「女優になれますように」ですよね?
斉藤流なら、過去形ですから「女優になれました」・・笑・・っていう願掛け(?)なんです。

お弟子さんたち(特に女性)はちょっと変な願掛けだと思いながらも(笑)「そういうもんなんかー」って感じで楽しみながら、観音様参り+自然満喫をたのしんでいるそうです。

でも、こういうちょっとしたことも「適当に言っているんじゃない」んです。 この話はまた、改めてということにします。

でも、理由を知らなくても、楽しんでやれて、もし効果がでたなら、それはそれでいいんですね。

因みに男性は、なぜ?かを考えてしまうから、願掛けの効果も小さいらしいです。

日記がまた、斉藤ワールドにちょっとなりそうです。(笑)
  1. 2004/11/25(木) 00:29:28|
  2. なにげない話や日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

10 | 2004/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。