『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自分にたいして

以前、全ての状況・出来事を肯定的にとらえよう、他人に対しても「肯定的なレッテルを貼ろう」というようなことを話しました。

一人さんも、「肯定的に考えようや!人に対しても愛のある、思いやりのある言葉を話していこうや!」ということなんですが、

このような考え方を「いいもの」と思った場合、よくあるパターンというのが、そのようにできない自分を責めてしまうことなんです。

これは、そのような自分に否定的なレッテルを貼っていることになります。他人ではなく、自分を裁いているわけです。

肯定的に考えようとすれば、見方が変わっていくのは確かですが、たとえば、私の場合でも、職場などで、結構、頭にくることがあります(笑)。(ただし、考え方を変え始めると、頭にくるような状況自体が少なくなるということはいえます。)

こんな時は、ちょっと、照れくさいことばでいうなら、頭にきてる自分を、ありのままの自分を、そのままで愛するんです。(・・自分を責めることで成長できるわけではありません。自分の否定的といえる部分も認めることで成長することができます。)



一人さんの弟子のエミチャン(柴村恵美子さん)は、人のいいところを探して褒めるということを実践してましたが、どうしても許せないような人(笑)と出会いました。

「どうしても許せない!」ってなるんだけど、あとで、「なんて私は広い心を持てないんだろう」って自分を責め、苦しくなったんです。

さて、一人さんは、やはり(?)次のように答えました。

「人を許せないのは、その人が許せない人間だからだよ。あのね、許そうとしても許せない心は(その時点では)どうにもならないの。だから許す必要はないんだ。」

これを聞いて、エミチャンは、
・・私は、どんな人でも許せる人間にならないといけないって、その時は思っていたから、一人さんのこの言葉にビックリ仰天。
いつものごとく、エェー?何でよ!ってなってしまいました。

一人さんの言葉に、納得できなくて、いろいろやってみても会うたびにケンカばかりの繰り返し・・。そしてまた、自分を責める。見かねた一人さんは、こういいました。

「相手を許すまえに、自分を許してあげるんだ。許せない自分をしみじみ許してあげるんだ。だって、世の中、一人や二人、許せないヤツっているもんなんだ。エミチャンは何人の人を許せないの?ひとりでしょ?エミチャンは何千人とかって人にあって、ひとりというのは確率的に立派じゃないか。」

エミチャンは、でも、つっかかっていきました。
「でも、一人さんみたく心の大きな人間になりたいんです。」

そしたら、一人さんはニッコリ笑ってこういいました。
「俺ね、ちょっと前までは、すごく人間ができてきたかな、って思ってたの。でも、それは、違ってたんだ。イヤなヤツが、俺の目の前に出てこなかっただけなの。出てこないもんだから、俺も温和になって、人間できてきたなあって思ってたんだけど、最近、『テメー、ふざけるな!(笑)』ってヤツが出てきたの。人間なんてできてないの。

隣人を愛せよ、っていうけど、お互い波長があわないんだったら会わないといいんだよ。新幹線にまともにぶつかっていったら、こっちが死んじゃうよ。だけど、2,3mぐらい避ければ、風が吹くくらいで済むじゃないか。

⇒斎藤一人の不思議な魅力論(エミチャン 著)



スポンサーサイト
  1. 2004/11/28(日) 03:39:16|
  2. 「発想転換」日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

11 | 2004/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。