『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

商売の基本

斉藤一人さんの話を結構紹介していますが、商売(ビジネス)に関しての考え方は(いわゆる)お弟子さんといわれる人たちが書いた本に書き表わされています。(一人さんから学んだ話 という感じで)

商売については、私は「テニスの比喩」が好きです。

どういうことかといいますと、「利益」ばかりを追求するのは間違いであるということを説明する斉藤流の考え方です。

利益ばかりを見ているというのは、試合中に「スコアボード」ばかり眺めている人だということです。
テニスの試合で見なければいけないのは、打って来たボールであり相手の動きだということです。それにあわせてこちらもボールを打ち返すというわけです。

「ボールをよく見ること」「相手の動きを見ること」というのは具体的にどういうことなのか?

「斉藤一人 15歳からの成功哲学」 という一人さんの弟子で年齢もかなり若い人が書いた本には、「一人さんの語り下ろしCD 4倍成功できる方法」というのがついています。

商売において見なければいけないのは「お客さん」です。一般論の話と違って、商売の話、当たり前なんだけど、できていないとおもわれるお店も多いのでは?という話です。従業員教育も兼ねて店のスタッフ全員で聴くなんて使い方もできるCDです。

詳しくはいいませんが、ただ毎日の決まりきったことを一生懸命にこなすだけというのは商売とはいえないし、そんなのは全然楽しくない方法なんだ というような主旨の話です。

⇒斉藤一人15歳からの成功哲学 小俣治郎 

本文の内容は、(内容が)やや軽いですが、若い人からみた一人さんの描写が何か新鮮な感じです。

優秀な顧問をつけるとか、株式市場に上場して利益を上げるということについても、

「上場すれば、何十億、いや、何百億というお金が入ってくるよ。だけどオレは、自分がもっっているお金だけで勝負がしたいんだ。みんなからお金集めたり、借金してまで商売して大きくしようとは思わないんだ。いい悪いじゃなくて、オレの性にあわないんだ。頭を下げるのは、お客さんに対してだけなんだ。

顧問をやとったりすると、お弟子さんや特約店の方も頭をさげなきゃいけない。電話の受付とか荷造りとかから始めるならいいかもしれないけど、いきなり今日から「この人が偉いんです」っていわれてジローは納得できるかい?・・これが、オレの美的感覚。かっこいいけど、単なる意地っ張りさ、ハハハ・・」

もうひとつ引用を。

著書の人(=ジロー)が若い年齢でマルカンの特約店を統率する立場になったそうです。

「若造で経験もない私が特約店をひっぱっていくには理論武装しかない」とビジネス書を読み漁りはじめたそうです。

一人さん「やあ、ジロー。そんなことをして何かいいことでもあるのかい?」

「でも、私は若いから、少しぐらい勉強しておかないと、特約店の方に納得していただける話ができませんから・・」

すると一人さんは
「刀っていうのは人を斬っちゃうものだよね。だから鞘に収めておかなきゃならないんだ。何をいいたいのかっていうと、知識という刀で人を斬っちゃいけないよ、ってことさ。

知識も大切だけど、知識より大切なものがあるんだ。

昔、幕末に山内溶堂という殿様がいたの。その人は、まわりで倒幕しようとするひとたちが多いとき、徹底的に反対して徳川家を守った人なの。

でも、徳川が滅びるのは時代の要請だった。やがて彼も、徳川を討つことになるんだけど、これから戦いに出かける兵士に檄文を飛ばすんだ。檄文というのは、まあ、「みんあ、がんばろうよ」ってはっぱをかける文のことだ。

彼はこんな檄文を飛ばした。

「春なお寒し、自愛せよ」 

季節は春だけど、まだ寒いから、オマエら、自分の体をいたわれよ って意味だ。

そのとき、全員が「この人のためになら戦(いくさ)で命を失ってもいい」と思ったそうだ。そういう覚悟で戦ったんだ。

いいかい、ジロー。人間には理性と感情がある。もちろん理性も大切なんだけど、感情も大切なんだ。人間というのは、理性だけでは動けないだ。最終的に、愛のない言葉では人は動かない生き物なんだよ。」

スポンサーサイト
  1. 2005/03/15(火) 14:43:12|
  2. 「発想転換」日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

アラ探しを止められた人から成功します。

久々に、斉藤一人ワールドに戻ってみます。

まず、今の若者で次のように考えている人はどれだけいるだろうか?と思うことから。たとえば、大人になってからの10年って長いような短いような年数だけど、10歳の子供は20歳の大人になってしまう年数なわけです。親や周りから学べない場合、次に述べるような考え方を、どこで身につけるというのでしょうか?

自分の心が貧しいのに豊かになりたいというのは無理なことです。

たとえ、現実にそうなったとしても、それは、豊かさを楽しむためではなく、豊かさを失うことで、豊かさとは何かを学ぶために起こったのです。

たとえば、それを頭金にして土地を買って莫大な借金ができるとか、強盗に入られて命まで落とすとか。豊かになったあとに、不幸や不運に見舞われることがあります。
だから、まず心を豊かにしなければダメなのです。

(管理人)日本だけではありませんが、心の豊かさ、心の豊かさといいますが、それにはどうしても「ある一つの原則」を同時に教える必要があります。上で述べたことなんですが、「因果応報の法則」です。 科学としても、この分野は「運がよかったとか、偶然だよ 」という程度の認識しか、まだできていません。

原則の理解の次にくるのが実践です。一人さんが教えてくれる簡単なことがあります。

他人に、何かいいことがあったら「良かったね」といってあげることです。

情報社会、分析社会、また、よく気がつく人、頭のいい人たち、いろいろいますが、「良かったね」と言うことは、分析したりするのとは別のものだということです。

他人の欠点によく気がつく人がいます。たとえば、優秀な部下で社長の批判ばかりしている人がいます。でも、実は次のように考えられる人はすくないのです。
社長の欠点は自分が知っている。それを批判するのではなく、なんとか、補うことで会社として業績を伸ばす方法はないか?

ここで、あることに気づくかもしれません。社長に協力するか、批判するかは、情報や分析そのものとは直接関係ない ということです。

例がわかりにくいので、もう一つ。(改変して)一人さんの話から。

たとえば、社長令嬢と結婚して、若くして事業を引き継ぎ、立派な家を建てた知り合いがいたとします。

「あいつは、社長令嬢と結婚できたから立派な家を建てられたんであって、あいつの実力でたてたわけじゃない。実力ならオレのほうが上だよ。」

この発言(分析)は、実際、妥当で正しいかもしれません。
しかし、「良かったね」と言ってあげられない理由にはなりませんし、実際、理由や分析とは何の関係もありません。本人の実力じゃないことが明らかだとしても、だからこそ「良かったね」なんです。

さらに、斉藤流の言葉です。

他人のアラ探しは、前世でさんざんやってきてるんだ。だから、今生では、他人のいい面を見てほめるというような「新しいことに挑戦しようよ。」

(そして、実は、これが原則に適った豊かになる方法 だということです。そしてまた、残念なことに、このような考え方すら学べずに来ている人たちも多いということです。)

今日の日記では、良いことがあったら「良かったね」ですが、実はその先もあるんです。

これは、ちょっと勘違いで受け取られることもあり、使い方には注意しなくてはなりません。

実は、悪いことが起こったときも「良かったね」なんです。
なぜかというと、そこから学び成長することができるからです。
でも、「失敗していい気味だ」と受け取られる場合がおおいですので、悪いことが起こったときは、黙っているほうがいいでしょう。

(大抵は、悪いことは、年月が経ってから、初めて学びの材料として捉えることができるものです。受験に落ちたとき、落ちたという事実そのものはそのときは「悪いこと」ですが、あとになって、そのことが役に立つ経験につながることも多いのです。)



もし、すべてが・・いい事も悪いことも含めてすべてが・・いいこと(肯定的なこと)につながっているとしたら・・その可能性は高いと(私は)みます。

つまり、言い換えると、

すべての出来事は肯定的な理由で起こっている あるいは、
物事は、肯定的な理由なしに起こることはない 

という原則です。

とするならば、どんな瞬間でさえ、それはとても貴重であり、同時に輝きに満ちている瞬間なのだ ともいえるのです。

動物や植物は、あたかもそのことをよく知っているかのようです。人間だけが「退屈だー!」と叫んだり(笑)、ブーブー文句をいうようなんです(笑)。



  1. 2005/03/15(火) 02:42:48|
  2. 「発想転換」日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

02 | 2005/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。