『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ホリエモンの英語本

ライブドアの社長「ホリエモン」が選挙に出ますね。今回彼が選挙に立候補したのは「ある種、驚き」だったんですが、一連の行動から「彼を見直した」点が相当あります。その話はまたするとして、最近「ドラゴン桜」の話題もあり、彼(東大合格)の英語本に寄せられた「コメント」を紹介します。

(抜粋 はじめ)東大卒のものです。
社長に対して悪いイメージとかは全くないのですが、この本ははっきり言ってダメすぎます。金儲けのために出版したと言われても仕方がありません。
まず、単語だけ覚えて文法や長文は後からだ、などと言っていますが、こんな勉強法は絶対に真似してはいけません。まず落ちます。

英語の勉強法として効率が最もいいのは、リスニングよりもとにかく英文を繰り返し読むことです。東大に求められるのは速読力ですが、これに対応するためには多読ほかありません。速読英単語や、英語長文問題精講などの教材の英文を日本語訳と解説を駆使して理解し、訳を見なくても意味が取れるようになるまで繰り返し音読(黙読)することです。

日本語訳を書くのは時間の無駄です。英文を繰り返し読みまくることが大切です。文法も「読むための」文法さえ習得すれば、上位私立文系以外センター対策で何とかなります。単語など独立して覚える必要など全くありませんし、どうせ忘れますから無駄です。英語の成績に結びつきません。

社長の格言みたいなものも、当然ですがいいと思えば参考にすればいいし、合わないと思えば「そういう方法もあるのか」ぐらいに軽く流すべきです。情報を自分なりに咀嚼することが重要だと思います。
自分が実行して有効だったことが全て他人に当てはまる、ということは絶対にないです。

(もう一つ。)

私は東大理Ⅱに現役合格し、・・省略・・(抜粋 おわり)

ホリエモンの英語本とコメントは⇒コチラ


(以下管理人)
ところで、前回のドラゴン桜では「本当に素晴らしい考え方」を示してくれました。素晴らしいというのは「新たな視点で物事を見る」事に役立つということです。いろいろありますが、勉強については、たしか「学習体力」みたいな言葉を使っていました。

これはとても重要な考え方なんです。つまり、問題集や勉強法の中には効率という観点から見たら「一見、正しくないように見えるもの」「回りくどいように見えるもの」があります。

で、この「学習体力をつけるもの」は、すでに学習体力のある人(=まあ、普通の言葉で言うと、「頭がいい人」)にとっては、「必要ないもの」「役に立たないもの」と切り捨てられる場合があります。上でも切捨てられていますね。笑・・ですが、役に立たないのではなく、使い方と目的が違うだけであって「そこを理解して使うなら役に立つんです。」いや「理解して使えるなら 大いに役に立つんです。」

ここで脱線(笑)
今は認められてきましたが、昔なら鼻で笑われたと思う
「インナーマッスル」理論(内側にある筋肉を鍛える理論)。⇒参考 今やスポーツ選手だけでなく「ダイエットや体型維持」の話にも出てきます。トレーニングのコツは軽いウエートでゆっくり動かすことです。・・理解のない人からみると、まさに「効果のなさそうなことしてるな、オマエ」(笑)というわけです。そして「もっと重くしてやらんと筋肉鍛えられへんやろ」だの「もっと早く動かしたほうがえんとちゃう?」だなど見当はずれなことを言うことになります(笑)。

脱線ついでに・・前(ドラゴン桜について思うこと)の中で・・クラスの中で運動会のリレー選手にも選ばれなかった私が「奇跡のように」、地方の中体連でトップ争いをするようになったといいましたが、・・今考えると、トレーニングとしてインナーマッスル理論を、小学生のガキなりに(笑)入れていた節があるんです。まあ、速く走ること・速く走ろうとすることだけが練習じゃない・・みたいな感じやけどね・・。


・・学習体力をつけてくれる勉強法、そのために取り組みたい問題集や参考書。・・そういうものは「実は、あまり有名な参考書でなかったりします。」

たとえば、私は、いわゆる「データなどに基づいた流行の英単語集」もやりましたし、否定をするものではありませんが、こんなものも使っていました。(今では、多分もうない英単語集です。)

大学入試「英単語チェックアップ」(評論社)

左側に英短文(1ページ25短文程度)・右側には訳という「きわめてシンプルな構成」でドッサリ・・笑・・英文が入っているものでした。 これはまあ、「英語長文を音読していくための学習体力をつけるもの」です。

もちろん、質的にも素晴らしいものであるなら申し分ありません。

今なら、こんなところでしょうか?⇒システム英単語(完全な文になっていないのもあります。中学レベルではじめられるのも出てます。)

⇒システム英単語のサンプル
スポンサーサイト
  1. 2005/08/29(月) 16:54:03|
  2. ドラゴン桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ドラゴン桜について2

ドラマ「ドラゴン桜」を見ています。⇒ドラゴン桜
ちょっと「かっこ良過ぎたりする」けど、桜木先生のセリフが(愛情がこもっている感じで)結構イイです。

何話か忘れたけど、ちょっと男性向けのセリフで、「人生には、己の思っていたのと全く異なる状況に直面することがある。そんなときこそ己の人間力が試されるときなんだ。負け犬のままで終わるか、あるいは歯をくいしばってでも己の道を貫くかだ。そういう選択をしなければならない場面があるんだ」というのは結構素晴らしいものでした。

自分の恋人に裏切られたとき、仕事のミスを上司が部下である自分のセイにしてきたとき、・・、自分にとって納得がいかない出来事、理不尽ともいえる状況に対し、たしかに人間力が試されるような場面があります。


(予告編を見る限り)次回はナカナカおもしろそうです。
ナンダカンダいいながら、「東大合格」に、やる気と自信を持ってきた生徒たちが東大模試を受けることに・・。

原作マンガがの結末はわからないんですが、(やっぱり合格で終わるのか?)、「あれだけ勉強したのに・・こんな試験結果だとは」・・という感じで、桜木先生への信頼や、勉強に対するやる気を失う生徒たち。
「所詮、夢みたいなことを信じ始めていた自分がバカだったってことか・・」




前回、私の教える生徒が次々とクラスで1番とか学年で1番とるようになったと話しました。方法はドラマと似たところ(というか当たり前の方法)がありますが、スタンスとしては「ドラゴン桜の桜木先生」とはカナリ違っていました。

「1番を取りたいなら、こう頑張れ」ではなく、「こう頑張れば、結構いいことあるかもよ」(笑)というスタンスでした。(教える側に変な期待があると、よくあるように?「教えた問題なのになんでできないんだ!ちゃんと勉強しろ!」・・というようになってしまいますし、これだと、教えるほうも教わるほうも苦しくなるだけです。

・・もちろん、目の前の結果にアクセクしないという私の考え方に御反対の親御さんもおられました。笑 宿題を沢山出してくれる先生とか、勉強するようにとビシっと言ってくれるようなイメージの先生を求めるご父兄も多いのです。)


さて、大きな考え方としては「前回話したもの」が中心となります。
個人的には「東大(合格)型勉強法」と「○大(合格型)勉強法」ということは、よく話していました。

A「自分の能力に頼ろうとするウサギ型」・・自分は記憶力がいいのでメモ帳なんていらない。
B「自分の能力に頼ろうとしないカメ型」・・記憶力がいいといっても、人は忘れるものだから、メモ帳を持ち歩こう。

そしてBのほうが「東大型勉強法」(=今の実力を大きく上回る成果を生じさせる方法)でした。昔、私が学生だったころ調査して感じたことは「東大合格者のなかには、同じ問題集を3回繰り返したというような地味(?)な合格体験記を書く人たちが結構いる」ということでした。

Aのほうは、まあいわゆる「天才小学生」タイプとでもいいますか、いけるところまではカナリ順調に能力を発揮します。ところが、(人によってレベルが違いますが)、「いままではあんなにスッっと頭に入っていたのが、(いろんな理由で)そうでなくなることがでてくるんです。」

そういう場面で、考え方を変えることができなかったり、「心理的葛藤」が大きいと大きなスランプに陥ることはよくあることなんです。
変な話、ずっと頭が良かった生徒の中には、成績が下がると「難しい問題ばかりをむきになってやるような生徒」もいるんです。当然、時間も取られることにもなり、かえって成績は上がらないという結果になります。
(よく進学校で、東大○人合格したなんていう記事を雑誌などで見ましたが、私は「スゴイ」という感想ではなく、トップクラスの優秀な生徒をこれだけ集めていて、この程度なんだ・・と思ったものです。・・いや、本当は世間は「同じことを違った受けとめ方をしている」のかもしれません。・・(小学生のころ)天才と呼ばれていたアノ○○ちゃん。東大ダメだったそうよ。そんだけ「合格するには難しい大学なんだわね」・・・というように。)


さて、東大型勉強法ですが、実は「成果があがるのは、よく考えてみれば当たり前」なんです。

目の前に1冊の参考書・問題集があるとします。
能力がある(と思っている)生徒は1回だけしかやっていないかもしれません。ところが、別の生徒はこういいました。
「この問題集は、もう30回以上は繰り返したよ」

つまり、東大型の地味な(笑)勉強法の発想の根本は「はじめから何回も復習することを前提に計画を組み立てること」なんです。

簡単な話だと、1回目はこう、2回目はこう、3回目はこうといったことを決めていくということです。実践的には、さらに時間の節約という話になります。時間の節約というのは、「考え方」を除けば「1つしかありません」・・・それは「書くという作業の効率化」です。書く作業は記憶が定着しやすいというプラス面もありますが、物理的な時間を取られるというマイナス面もあるため、充分検討する必要があるのです。

書くという作業についてですが、「あとで効率よく何回も復習できる形」に工夫できれば、さらに良いといえます。世界史や日本史などは、黒板にかかれたことをノートすることもあるでしょうが、たとえば、穴埋め形式のノート型の参考書を2冊買ってきて、片方に正解を書き入れておき、片方を熟読し、もう片方を確認用に使うなんていうのが一つの例です。
(理解するスピード・記憶のスピードについては、その時点の各人の能力でやるしかありません。)



たとえば、学校の英語の授業でも、ただ書き写すのではなく、(どうせ書くなら)穴埋めなどの問題の形にしておき、何度も繰り返し訓練できる形にしておくなんていうのも一つの方法ということになります。

私もドラゴン桜にでてくるようなテクニック的なこともカナリ実践、採用していましたが、重要な考え方をもう一つ紹介したいと思います。

相反する考え方に基づく勉強法を両方取り入れろ」です。

詳しくはのべませんが、数学なら「数学は暗記科目である」「数学は思考科目である」という2つの見方があります。この場合、それぞれの考えに基づく方法を両方取れ ということです。因みに、レベルは高いですが、高校数学といえば有名な「大学への数学」でも、問題を解き終わったあとの「知識の整理」(すなわち暗記に近い部分)を重要視しているのは明らかです。

英語の場合なら、変なことをいいだすと思うかもしれませんが、「覚えようとしない勉強法」もやっていました(し、やらせていました)。覚えなければならないことを覚えようとしないという変な(笑)勉強法です。
これは、ある意味「普通の人が馬鹿にしてしまうような誰でもできる簡単な勉強です。」

英単語でも、熟語や文法などでも、問題を見て、次にすぐに答えをみて確認したらそれで終了です。(注意:基本的には『書くことは(時間がかかるので)禁止』です。たとえば、英単語を模試かなんかに備えて覚える場合でも、10分なら10分と時間を決めて、とにかく「見て声に出して読んで、すぐ確認する作業」をします。)

ポイントとしては、「見て確認する」という作業は、簡単で時間もかからないんですが、馬鹿にしないで一種の訓練・頭の体操として毎日欠かさず行うことです。・・いわゆる能力アップの訓練という位置づけです。

やってみればわかりますが、しばらくすると「新しく見る単語でも、必死に覚えようとすることなく頭の中にはいってくるようになります。一度チラっとみただけで覚えていたなんていう、以前は考えられなかったこともできるようになってきます。まさしく「天才小学生」の気分(笑)です。そうすると、こなせる量もさらに増えていくことになります。」

・・因みに私の場合、勉強の成果を試せるようなテストを生徒にさせていました。教科書や参考書の英文全文を試験対象にして一部を「虫食い(穴埋め)」にしてあるテストです。穴埋め箇所が何十箇所にもなります。

異論もあるかもしれませんが、ついでに。
ドラゴン桜にかぎらずよく「英語は英文を音読するべし」というのがあります。これは、もちろん大賛成で、実際、高校時代の定期試験対策では、意味と発音がわかったら、あとはヒタスラ音読していました。

で、生徒に教えるときには、音読はもちろんなんですが、1点だけ工夫をさせました。それは、「スラスラ読まないこと」でした。英語は暗号解読ではないので、「意味のまとまり」が連続してでてくる構造になっています。
あえて、区切って読むことで(すなわちスラスラ読まないことで)、意味と音や文字を頭のなかで結びつける作業となります。(何回も繰り返すという作業は、次第に集中力がなくなっていくことになるため、短時間、毎日繰り返すほうが効果的です。区切るというのも「集中力持続」の工夫ともいえます。)

今日は、勉強法について、少々語ってみました。
  1. 2005/08/22(月) 15:48:11|
  2. 「発想転換」日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

財前吾郎もビックリ

近年のお笑いブームのおかげで、女子高生のように(笑)ゲラゲラ声を出して笑う機会が増えている管理人です(笑)。もちろん、ほかの系列(?)たとえば、スマップのコント・・特に稲垣吾郎モノは、面白くみています。 (稲垣吾郎モノでは、最近の「ササヤキマン」のコントが、メチャ笑えて腹が痛いです。笑)

さて、以前、「抵抗の明け渡し」というタイトルの日記で、次のようなことを書きました。

(抜粋)・・・癌などの難病で助からないと思われていた患者が、後に奇跡的な自然回復をしたケースを収集・調査した。すると、そうした患者は心理的に常人とは違う境地にあったことが判明したという。

 すなわち、彼らはなにがなんでも絶対に病気を治すと息まいていなかったというのだ。病気が奇跡的に治るようにと必死の願かけもしていないし、宇宙から癒しの力を引き出そうとしゃにむになってもいなかった。ただ病気の存在を含め、すべてがあるべくしてあるという、受容と感謝の心をもっていただけだという。

(管理人..医者+世間一般の思い込みに、「○○で病気が治るんなら、世の中、医者なんていらないよ」というのがあります。しかし、最近では、「白い巨塔」の財前吾郎も(笑)驚くような統計が発表されています。上でいった、受容と感謝もあるけど、もっと取り組みやすいものがあります。それは、なにかというと...........笑いです。

病気の人たちに「お笑い」を見せたり、実際に芸人にきてもらったりする治療です。(病人の人たちは「治療」だとはおもっていないでしょう。)生存率や回復率に目覚しい違いがでてました。・・もちろん医学的には、笑うことで自律神経がどうだとか、キラー細胞がどうだとか、結果、免疫力がアップしたからだという説明がなされます。(抜粋終わり)

で、本日TV「あるある大辞典」で「笑い」が健康にもたらす効果についての番組があるようです。

ついでに、再放送だったんですが、末期ガンで余命半年を宣告された主婦が、マラソンに挑戦したり、アイアンレース(水泳3.8キロ+自転車180キロ+フルマラソン)に出てゴールしたという「アンビリーバブル」番組も目にしました。

一人さんにいわせると「病人らしくないことをすると病気は治ってしまうことがある」ということになります。

『あのね、毎日ニンニクとショウガでレバ刺し食って、ステーキ食べている人に、体が弱い人とか、鬱(うつ)の人というのは想像しづらいよね。想像しづらいていうのは、起きないんだな、ハハハハ。だから、難しく考えなくても、大抵のことは、この組み合わせは考えられないって組み合わせにしちゃうとなくなっちゃうんだ。世の中ってすっごいシンプルなんだ。』

・・・・アンビリーバブルの例は特殊とはいえますが、病人らしくないことをしていることだけは確かです。彼女の場合は、病気が治ったわけではありませんが、すでに宣告から4年以上経っています。

もちろん、お笑い番組を見てゲラゲラ笑うというのも「まったく病人らしくありません。」

さて、昨日見たTV番組『エンタの神様』(←毎週見ている)に物真似が得意なホリがでてました。彼のモノマネ(というか人まね)が好きなんですが、「この人が絶対いいそうにない言葉」って、カナリ笑えました。(この路線は結構定番としていくといいのではないかと個人的に思います。)

で、福山雅治まねもおもしろかったけど、「えなりかずき マネ」が最高にわらえました。・・えなりかずきが絶対言わない言葉

・・・・(えなりかずきの声マネで)「先にシャワー浴びろよ」・・笑

あとは、「少年探偵」をやっていた「磁石」っていうコンビは、アンタッチャブル以来の(私にとって)激オモロコンビです。

・・笑いのツボは人それぞれでしょうが、自分でも何でこんなにオモロイのかと思ったシーンが、ドランクドラゴンの「カリスマミュージシャン」の中で、ミュージシャン役の塚地がライブ中にオニギリを食べるシーン(笑)。・・ドランクドラゴンのコントは、どちらかというと、あまりツボではないんやけど、「カリスマミュージシャン」コントはカナリ笑えました。
  1. 2005/08/14(日) 14:11:38|
  2. 「発想転換」日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あなたの観念が受け付けないかもしれない話・・ 細木数子&江原啓之の番組を見て

今日は、江原啓之さんと細木数子さんのスペシャル番組をやっていました。細木さんの番組は、後半部分しか見てなかったんですが、いろいろ学べることがあったのではと思います。

ということで、「あなたの観念が拒絶するかもしれない話」です。逆に言うと、若いうちに、たとえば高校生ぐらいのときに、こういう話を耳にするチャンスがあればと思います。

今日は、まず、一人さんの「信じなくてもいいよ」話(改変版 笑)から。

「この話、別に信じなくってもいいから。聞き流してもらってもいいよ。あのね、人間というのは、死ぬと肉体は滅びるけど、でも魂って滅びないんだ。魂っていうとなんか実体のないような感じだけど、死んだらちゃんと自分の体もはっきりあるんだ。だから、自分が死んだことが分からない人もよくいるんだ。本人にしてみれば、自分は生きているのに、誰かから『オマエは死んだんだ』っていわれても、すぐには納得できないの。

でまあ、運良く(笑)成仏すると、魂は、魂のふるさとに帰るんだ。で、しばらくしてまた地上に生まれたくなるんだよ。で、生まれてくるにあたって、自分が成長するのに好都合なシナリオをあらかじめつくっておくんだ。

で、だれだってかわいいのは自分だから、自分に不利になるように決めてくるヤツはいないの。だから、人生には困ったことはおきない。

でも、なんか自分に意地悪したりだとか、自分のことを悪くいってくる人もでてくることがあるよね。もちろん、腹が立つかもしれないけど、そんなときは、こう考えるんだ。

この人は、前世で私が頼んできた人なんだな。こんな嫌な役目なのに、よく我慢して、私のために約束を守ってくれたな。ほんとうにありがたいよ。

こうやって、その人に感謝すると、約束していたその嫌な役回りはもうしなくていいよ というのが相手に伝わって、スッといなくなっちゃうんだ。こんなふうに、困ったことは起きないようになってるんだ。」

(管理人) 細木さんのTV番組は、女子高生スペシャルということでした。(やっぱりというか)、中・高校生ぐらいの女の子は、父親を嫌っていたり、馬鹿にしたり、バイ菌扱いする子が結構いるみたいで、細木さんに、「ガツン」と説教されてました。(夫に対し、そういう扱いをする妻も責任重大だといってました。)

で、これも「あなたの観念が受け付けないかもしれない話」だけど、親子(や家族って)お互いが学べるような役回りなんです。

つまり、別の言い方でいうと、他人はともかく、親を嫌うっていうのは、とてももったいないことなんです。つまり、女子高生が父親を嫌うっていうのは、とてももったいないことなんです。

なぜかって、異性である男性(の一部の特質)を受け入れることを、人生の早い段階で学ぶことができるからです。(というより家族の場合は計画にいれていたというほうが正確でしょう。) たとえば、たまたま自分の父親が暴力的な人だったとします。まず、そのような状況に対し、自分が学ぶためにそうなってるんだと考えます。学んでいる内容は人それぞれというしかありません。

たとえば、暴力に我慢しないことを学んでいるのかもしれません。もちろん、我慢しないといっても、やり返したり、睨み返したり、無視したりするということではありません。(たいていは、こうした反応というか態度に、頭にきたりイライラして相手もエスカレートします。)

いずれにせよ、この場合、自分が父親から暴力について学ぶことができなければ、後の人生のどこかで学ばなくてはならなくなります。(なぜかというと、生まれる前の自分が、「学ぼう」と計画したエネルギーだからです。)大抵は、あとで、恋人や、結婚相手から学ぶことになります。

つまり、表面的にはやさしそうで、暴力とは無縁そうにみえる男性を選んだつもりでも、結局、自分に学ばせるために(実は)暴力的な男性を選んでしまっていたということになります。本当に温厚な人だった場合、あなたのほうで魅力を感じなかったりして別れてしまったり、あるいは、暴力的な男性に豹変してしまうということもあります。

ですから、今、離婚率が高くなっているのは「子供のときに親から充分学んでいないから」ともいえるのです。

で、細木風にまとめるなら(?)
女性が幸せな結婚を望むなら、どんな父親だとしても、自分の父親に感謝すること が幸せの法則となります。

これが、判らないと「私って男運がないのよね。」とか「この前、付き合った男、マジ最低!」って、来世でも(笑)愚痴り続けることになります。・・・芸能界でも多いような(笑)

因みに、結婚については一人さんは、次のように述べています。
「結婚というのは、人生修行なの。だから自分と相性が悪い人と結婚するの。まだ、結婚してない人は、結婚って相性の良い人とするものだっていうんだけど、結婚したあとで、本当だった ってわかる事が多いの。

もちろん普通は、相手のことが好きだから、素晴らしくみえるから結婚するよね。でも、これは、オレが『ヘナモン』とよんでいる、まあ一種のホルモンみたいなものの作用なの・・笑。で、このヘナモンって段々減ってくるわけ。そうすると、自分が相性の悪い相手と結婚してたんだということに気づくの。

どういうことかというと、わざとではないんだけど、相手はなぜか自分の嫌がることとか、見ていてイライラさせるようなことをするんだよ。たとえば、束縛が嫌いな人には、束縛するようなことを平気でするようになってきたりするんだ。」

ヘナモンが減って(笑)、妻が夫をバカにしたり、ノケモノ扱いするようになったとき、娘が父親を同じように見てしまうのは、ある意味、当たり前であるともいえます。(当たり前ではあっても、幸せになれない心のあり方であることは疑う余地はありません。)

ちなみに、夫婦を含め「すべての人間関係のコツ」について、こういっています。

相手に期待しないこと。相手を変えようとしないこと。」だそうです。私なりにかっこいい言葉でいいかえるなら、

「ありままの相手を認めて、愛すること」・・ということになります。


  1. 2005/08/09(火) 22:39:59|
  2. 「発想転換」日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。