『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ホリエモンの英語本

ライブドアの社長「ホリエモン」が選挙に出ますね。今回彼が選挙に立候補したのは「ある種、驚き」だったんですが、一連の行動から「彼を見直した」点が相当あります。その話はまたするとして、最近「ドラゴン桜」の話題もあり、彼(東大合格)の英語本に寄せられた「コメント」を紹介します。

(抜粋 はじめ)東大卒のものです。
社長に対して悪いイメージとかは全くないのですが、この本ははっきり言ってダメすぎます。金儲けのために出版したと言われても仕方がありません。
まず、単語だけ覚えて文法や長文は後からだ、などと言っていますが、こんな勉強法は絶対に真似してはいけません。まず落ちます。

英語の勉強法として効率が最もいいのは、リスニングよりもとにかく英文を繰り返し読むことです。東大に求められるのは速読力ですが、これに対応するためには多読ほかありません。速読英単語や、英語長文問題精講などの教材の英文を日本語訳と解説を駆使して理解し、訳を見なくても意味が取れるようになるまで繰り返し音読(黙読)することです。

日本語訳を書くのは時間の無駄です。英文を繰り返し読みまくることが大切です。文法も「読むための」文法さえ習得すれば、上位私立文系以外センター対策で何とかなります。単語など独立して覚える必要など全くありませんし、どうせ忘れますから無駄です。英語の成績に結びつきません。

社長の格言みたいなものも、当然ですがいいと思えば参考にすればいいし、合わないと思えば「そういう方法もあるのか」ぐらいに軽く流すべきです。情報を自分なりに咀嚼することが重要だと思います。
自分が実行して有効だったことが全て他人に当てはまる、ということは絶対にないです。

(もう一つ。)

私は東大理Ⅱに現役合格し、・・省略・・(抜粋 おわり)

ホリエモンの英語本とコメントは⇒コチラ


(以下管理人)
ところで、前回のドラゴン桜では「本当に素晴らしい考え方」を示してくれました。素晴らしいというのは「新たな視点で物事を見る」事に役立つということです。いろいろありますが、勉強については、たしか「学習体力」みたいな言葉を使っていました。

これはとても重要な考え方なんです。つまり、問題集や勉強法の中には効率という観点から見たら「一見、正しくないように見えるもの」「回りくどいように見えるもの」があります。

で、この「学習体力をつけるもの」は、すでに学習体力のある人(=まあ、普通の言葉で言うと、「頭がいい人」)にとっては、「必要ないもの」「役に立たないもの」と切り捨てられる場合があります。上でも切捨てられていますね。笑・・ですが、役に立たないのではなく、使い方と目的が違うだけであって「そこを理解して使うなら役に立つんです。」いや「理解して使えるなら 大いに役に立つんです。」

ここで脱線(笑)
今は認められてきましたが、昔なら鼻で笑われたと思う
「インナーマッスル」理論(内側にある筋肉を鍛える理論)。⇒参考 今やスポーツ選手だけでなく「ダイエットや体型維持」の話にも出てきます。トレーニングのコツは軽いウエートでゆっくり動かすことです。・・理解のない人からみると、まさに「効果のなさそうなことしてるな、オマエ」(笑)というわけです。そして「もっと重くしてやらんと筋肉鍛えられへんやろ」だの「もっと早く動かしたほうがえんとちゃう?」だなど見当はずれなことを言うことになります(笑)。

脱線ついでに・・前(ドラゴン桜について思うこと)の中で・・クラスの中で運動会のリレー選手にも選ばれなかった私が「奇跡のように」、地方の中体連でトップ争いをするようになったといいましたが、・・今考えると、トレーニングとしてインナーマッスル理論を、小学生のガキなりに(笑)入れていた節があるんです。まあ、速く走ること・速く走ろうとすることだけが練習じゃない・・みたいな感じやけどね・・。


・・学習体力をつけてくれる勉強法、そのために取り組みたい問題集や参考書。・・そういうものは「実は、あまり有名な参考書でなかったりします。」

たとえば、私は、いわゆる「データなどに基づいた流行の英単語集」もやりましたし、否定をするものではありませんが、こんなものも使っていました。(今では、多分もうない英単語集です。)

大学入試「英単語チェックアップ」(評論社)

左側に英短文(1ページ25短文程度)・右側には訳という「きわめてシンプルな構成」でドッサリ・・笑・・英文が入っているものでした。 これはまあ、「英語長文を音読していくための学習体力をつけるもの」です。

もちろん、質的にも素晴らしいものであるなら申し分ありません。

今なら、こんなところでしょうか?⇒システム英単語(完全な文になっていないのもあります。中学レベルではじめられるのも出てます。)

⇒システム英単語のサンプル
スポンサーサイト
  1. 2005/08/29(月) 16:54:03|
  2. ドラゴン桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。