『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

物理と数学

(受験の)物理と数学というテーマで話してみたいと思います。

私は、ある意味「偏差値」とかという指標を完全に無視(笑)していた学生でした。要は出された問題ができなければ点が取れないわけで、それが偏差値が低いということを意味するだけだからです。しかも、問題ごとに偏差値を教えてくれるなら、「この問題は多くの人が解ける問題なんだ」ということを知ることができますが、ほとんどがそうではありません。

偏差値を無視していたということですが、実はある教科で偏差値100(笑)を超えたことがありました。偏差値って100以上もあるんだ(笑)って。平均点20点程度で満点近くとれば偏差値が100を超えることもあります。

ここで「突っ込みたくなる方」が相当いるのではないかと思います。そのテストを受けていた人のレベルが相当低かったのでは?ということです。もちろんその通りです。私の地方にくれば、そこそこ優秀な学生なら「超優秀な学生」になれると思います(笑)。ただ、入試は全国規模での学力勝負になるので、その点は結構あとで大変だともいえます。


では、まともな話に(笑)戻りましょう。いわゆる全国規模の模試ではどうだったか、数学は(がんぱってはいたが)偏差値50程度、物理は40程度でした。仮にそういう生徒がたとえば東京の高田の馬場にある「某W大学(工学系学部)を受けます。」なんていうのは超無謀な考えです。・・ですが、記念に受けたら(笑)受かっていました。・・まさに『ドラゴン桜的な話です』(注意:偏差値が数学50、物理40のままで受かったという意味ではありません。)

さて、「数学は暗記科目だ」という人がいます。・・私も全く同じ考えです。「数学ができる人」(=問題が解ける人という意味)、できるようになった人は異論を唱える人がいるかもしれませんが、・・質問してみると(できない私のような奴から言わせれば)、やっぱり暗記科目でした。

「なぜ、その問題に対し、一番初めにその解法が浮んだのか、なぜ、そのように解こうとするのか」を聞くと、基になる知識があったり、いくつかある中から経験で学んだ知識によって引き出しているのです。(問題が解けているうちは、当たり前にできるので、なぜそのような解法をとるのか?という視点を軽視しがちになる点に注意です。

考えるといっても「新しいことをヒラメキで発見した」というのは、ほとんどなく、「知識の応用の仕方を知っているというだけでした。」
・・それって「暗記じゃん!」ということです。

ついでにいうと「理解したらすぐ問題が解ける人」という人がいて、そういう人は「数学は暗記科目である」ことに納得できないんですが、理解しても問題が解けない人もいます。(普通は・・理解すれば問題が解けるような気になるだけです。)

できない状態からできるようになったという話をこの日記でしていますが、すべての科目についてはじめから結果を残してきたわけではありません。数学や物理のコツ(=入試レベルで高得点を取れるという意味でのコツ)みたいなものは、高校を卒業してから(笑)気づきました。・・遅かったです(笑)

昔を思い出すと、数学の授業って板書されていないところに「つまずきのもと」があるように思うのです。それが、暗黙のうちに(笑)理解できているうちはいいですが、たいていは、どこかのレベルで暗黙のうちに(笑)わからなくなります。・・問題集の解答でも、答えに書かれている一行目の書き出しが、「思考の順序とは違うことがかなりあります。」

ほんとうは、中学ぐらいの早い段階で「このこと」を知ることができたらラッキーです。・・ですから、ほとんどの段階で言えるのですが、「問題を解こうとして解けなかったら、すぐに答えを見ること」はどんどんやっていっていいのです。ただ一点、できなかったステップのつまずき部分を「文字として」書いてみたり、知識が不足している場合はきちんとまとめてたりして補強・復習しておくということです。・・因みに予備校の講義の「実況中継の問題解説」は「今までは口頭で説明されていた部分を文字にしてあることで、わかりやすく、受験生にも人気になっています。」

物理なら(ちょっと難しい?話)になりますが、静止している物体にはつりあいの式、動いている物体には運動方程式を使うとか、高校物理では、運動方程式で扱えるものは等速運動、等加速運動、円運動、単振動ぐらいしかなく、あとはエネルギー保存則の考え方でやればいいとか、理解してませんでした。=暗記していませんでした。

なぜ、そういう解法をとるのか、なぜその式を使うのか?・・基本のまとめと一緒に、問題そのもののまとめをしていきました。・・感覚的な話でいうと、一回目は問題をチラシの裏などに(笑)解きながら、理解する・・2回目に、ちゃんとした(笑)ルーズリーフに、思考のプロセスやつまづきそうな点を含めて丁寧にまとめていく・・といったことをはじめました。試験前には、まとめたことをすべて見直しです。

・・そして、模試も受けましたが、成績というか偏差値ははじめはたいしたことはありませんでした。しかし全く気にしませんでした。というのも、新しいやり方で学習しはじめた分野(=力学)については「ほぼ完璧にできていた」からです。・・時間は過ぎて・・センターでは不覚にも(笑)ちょっと失敗(=満点じゃなかったという意味)しましたが、2次試験では自己採点96点(時間がなくてその式を計算して答えをだすところまでいっていたら満点)でした。

・・さて、今は、物理でも、基本のまとめに役立つ参考書がでてきています。生徒には、私の「物理整理ノート」をプリントして渡していましたが、一般には次の参考書をオススメします。

⇒「物理のエッセンス力学・波動」
⇒「物理のエッセンス電磁気・熱・原子」

同じ著者が2次向けの問題集や「実況中継本」を出しています。
実況中継本は数学や物理で人気なんですが、「できるひとにとっては当たり前のところを、文字にして解説しているところが素晴らしいといえます。

⇒「浜島物理I・II講義の実況中継―高校物理 (上)」
⇒「浜島物理I・II講義の実況中継―高校物理 (下)」

・・これらを仕上げたら、過去問についても、問題にとり組んで(必要に応じて・・)しっかりまとめてください。





スポンサーサイト
  1. 2005/09/16(金) 18:12:10|
  2. ドラゴン桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドラゴン桜 学習体力の養成

・・ドラゴン桜(本は読んでない)をみていて、自分の受験体験や指導経験から、参考書などを扱うページでも作ろうかと思っています。

といっても、今現役の学生や入学して数年程度しか経ってない人はわからないと思いますが、最近の「参考書・問題集の充実度」には目を見張るものがあります。東大などの難関校に進学した子供の親の年収がかなり高いという調査もありますが、学習法や考え方がしっかりしていれば、塾等に行ってお金をかけることなく、上位校を(昔よりは遥かに簡単に)狙える時代です。


今日は「英単語集」を紹介します。依然書いたように、最近、あるタイプの英単語集が・・ようやく・・受験生にも、支持されてきました。

・・短文やフレーズごとに、チェックするタイプのものです。それらをいくつか取り上げてみることにします。

⇒「DUO」
・・この本は、進学校の英語教師たちが採用したことにより、受験生にも名前が浸透していった本です。入試英文の変化(英文の長さ・内容)により単語集も変化していきますが、昔は、(というか大昔は・・笑)「辞書を引け。長文の中で覚えろ。」ということで、単語集は「語訳」が書いているだけのものが当たり前でした。

・・実は、この本は「教え子の高校で指定単語集としていたもの」でした。「わずか500程度の英文に2000を超える単語・熟語を盛り込んだもの」です。

英文の数が少ない分だけ「密度の濃い短文」であるため、はじめから500ほどある英文を一気に制覇というわけにはいかず、「スモールステップ方式の学習に向いています

・・・私は「この本の全英文を、ご苦労にも・・笑・・和文英訳の穴埋め方式にしたのを、ワープロでプリントをつくって生徒に練習できるようにしました」。・・2回目以降の復習は「英文を聞いたり、自分で読んだりした後すぐに、空所にはいる単語や表現がでてくればOKです。(短期記憶)」・・この本のいいところは、最後まで一通りこなしたあと、重要単語や表現が入っている全英文を、別売CDを利用して、わずか1時間程度で総復習できることです。模試の前日や、当日の朝(・・笑)などに復習するといった使い方ができます。


⇒「システム英単語 ver.2」
⇒「システム英単語CD ver.2」

・・昔私が使っていた超マイナーな(笑)英単語集の考え方が「ズバリ反映されている」オススメの単語集です(初版ver.1 は1998年 ver.2 は今年2月)。語法チェックなどもあり、辞書代わりに使うこともできます。ポイントは「短いフレーズごと」になっているという点です。(前回話した、記憶の大脳生理学的なメカニズムにもずばりマッチします。フレーズ単位にすることで連想法とかに頼らなくても単語のイメージを想起することができます。)

・・CDについてですが、「フレーズ式」のほかに、いわゆる「単語習得のパターン」が考えられています。未知の単語(類推)⇒意味の確認・理解(日本語訳)⇒復習による定着(フレーズのリピート2回)というパターンです。(単語⇒フレーズ⇒日本語訳⇒フレーズ⇒フレーズ)

・・★この単語集の考え方の応用・・自分が授業や模試、問題集などで出会う英文について、この単語集のように「短いフレーズ形式」で「ノートにまとめる」という方法があります。・・何度も繰り返し反復すると決めた英文以外の、いわゆる「捨て英文」はこの方式で、生徒にノートさせていました。・・すると自分だけの「オリジナル システム?英単語ノート」ができます。

・・この単語集をすすめる大きな理由は「実は他にあります。」・・というのは「学習体力をつけるという目的」です。スモールステップの学習方式で、少しずつ覚えていくだけでは、なかなか「学習体力そのものをあげることができない」のです。・・学習体力とは「スピードや集中力などを含めた脳の処理能力」のことです。覚えることより訓練することが第一目的です。・・わかりやすくいえば、時間を決めて「とにかく、ガンガン スピードに乗ってチェックを繰り返す学習です。」


フレーズ形式を採用しているものは他にもあります。その中で、CDも用意されているものなら
⇒「入試英単語の王道2000+50」河合出版
⇒「入試英単語の王道2000+50 CD」河合出版

最近、私は体のほうも鈍ってきましたが、脳もなまってきたようで・・笑・・脳の運動用にフレーズ形式の英単語集(CD2枚付)を買いました。
⇒晴山陽一の「最短3000英単語」(CD付)

・・著者いわく、『本書は3000という単語を短期間で覚えるという離れ業を可能にする全く新しい単語集(フレーズ集)です。暗記ではなく、チェック。チェックにつぐチェック。それが本書の唯一の学習法です。』・・だそうです。

さて、英単語でもなんでも「ステップ方式の考え方」しかできないと、そこまで覚える必要がない・・みたいな発想がでてきますが、大量の情報を短時間に「チェックすること」(=訓練)が目的なので、能力開発のつもりでやってみてください。(自分の得意不得意、志望大学の入試科目の配点、将来の必要性を考えて、この科目は平均点狙い・・みたいな考え方で学習を進めるのは、間違いではありませんよ。)

で、・・学習体力がつけば、その後は、信じられないほどのスピードで他の参考書や問題集をこなしていくことが可能になります。・・

因みに、この本は、時事英語関係の単語が相当入っており、TOEICやTOEFL、私立上位校(上智・慶応など)レベルを考えている人にもオススメできます。(どちらかというと大学生にすすめたほうがいいかな?)

付属CD中心に訓練することになりますが、ナチュラルスピード(英語フレーズのみ・15分で300フレーズ程度)・・でチェックができます。

・・今年(2005年6月)初版のようですが、再販の際には発音記号をつけてほしいところです。現状では、「発音記号を頼りに意味を確認して口頭で練習してからナチュラルスピードではどう聞こえるか?をチェックする」という学習法は、とりあえず取れません。・・まず、CDの音を聞きながらアクセントや発音記号を入れていってみてください。(・・って私はそうしました。)

あとは、たとえば、通訳養成学校の雰囲気で(笑)、フレーズの日本語訳を見ながら耳で聞こえてくる音を完璧にできないとしても、はっきりしないところは雰囲気で(笑)復唱したりしてください。

長文の中で覚えるというのもあります。ただ、これは構文の知識等もある程度身につけてから・・ということになるでしょう。Z会の「速読英単語」系が有名ですが、環境問題等、最近の入試に増えてきたテーマの英文を扱う⇒「同時マスター長文英単語 激増テーマ編」(CD付)なんかは、店頭で見ましたが、英文数も21とちょうどいいボリュームです。


それ以外では、
★オススメ文法総合本を一つ・・
⇒「高校総合英語Forest」・・理解しやすい本だと思いますので、理解しながら例文を高速復習できるようにするといいと思います。・・つまり一回目の学習は「理解」+「ノートに問題形式でまとめる」という感じです。


★中学レベルから英語の基礎をつける
⇒「くもんの中学英文法―中学1~3年 基礎から受験まで スーパーステップ」

★英文法の基礎を網羅している問題が集まっている★
⇒「瓜生 豊「英文法・語法」シリーズが有名です。

瓜生 豊「桐原シリーズ」は試験形式の4択形式で英文法や語法をチェックできることです。(要は、スピードに乗りやすい形式なので、復習回数を増やせるという利点があります。)

この分野では「入試問題をランダムに集めた形」「文法項目別に集めた形」などがあります。薦めるのは、文法項目別に基礎問題を抜けなく網羅しているタイプです。 

たとえば、
⇒清水 建二「基礎と標準 英文法」日栄社

・・18章、全970題(左側に4択問題、右側に解答と解説)。単語の語法については弱いですが、文法を中心に基礎問題から丁寧に4択形式で並んでいる問題集です。この問題集を授業で短時間で一気に取り組んだり、宿題等に使っていました。「学習体力をつける・・英文法版」です。

語法問題を含む文法問題は4択形式が一般的になっており、沢山の問題集があり、単語力を付けつつ地道に穴をなくしていくしかありません。

★英熟語・英語構文・・スモールステップ方式の学習が要求されます。
・・つまり、(忘れることは覚悟しつつ)少しずつ確実に覚えていくことが必要です。あとでノートを見返してチェックできるようにしておきます。

ただし、問題形式(穴埋め等)にしておくなど「復習を効率的にする工夫」をするといいでしょう。過去の試験問題や試験で間違った問題等も(できれば・・笑)一緒に整理しておいてください。一般に、普通行われている「スモールステップ型学習」では総復習で一気に見直す形になります。(ただし、一気に見直すことを実行する人は、まだまだ少数派のようです。)それに対し、「学習体力養成型」では、初めから一気に取り組む形になります。訓練なので・・。

続けます。学校指定のものがないなら、たとえば、

⇒「CD付 英語構文必修101」



どうせなら・・問題をやりながら進めて行くタイプを・・薦めたいが・・

⇒「全解説頻出英熟語問題1000―基礎チェック問題100付 大学受験スーパーゼミ」


・・総チェックできるように(=1~2時間で、見直しチェックができるように)ノートに『見やすいように』まとめながらやるとよいでしょう。

・・総チェック型なら⇒「英熟語ターゲット1000」


・・ただしレイアウトや色使いに工夫やメリハリがなくカナリ覚えにくいかもしれません。問題集を進めながらがいいか・・

⇒「英熟語ターゲット1000 BRUSH-UP TEST 」問題集



・・教科によって「理解することが重要な教科」があります。英語は明らかに違いますので「理屈があるにしてもほどほどの理解でいい」のではないかと思います。もちろん、問題を解く際に知っていていい理屈は、どんどん教えましたが・・。それよりも「訓練」という視点を忘れないようにしたい教科です。

・・確かに「理解が進む参考書や問題集」はありますが、昔に比べたら全般によくなっています。英語ならば、ここで取り上げませんが「伊藤和夫」さんの参考書は大昔からあり、人気もありました。当時は使う気になれませんでしたが、今は多くの人にススメルこともできるものも出してきていると感じています。 同じ著者でも(著者はいいわけするかもしれませんが)ずいぶん変わってきていますし、新しいものも出してきています。こんなにいい参考書が書けるんなら、最初からそういうのを出してくれよ(笑)ということです。






  1. 2005/09/16(金) 03:05:26|
  2. ドラゴン桜|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

08 | 2005/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。