『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

イラク開戦の根拠、また揺らぐ ほか

ちょっと前に英国BBC製作のドキュメントなどを見ていたので驚きではないですが、紹介したいニュースがあったので載せておきます。

⇒11月7日・・イラクとアル・カーイダ結びつき情報、作り話か
⇒11月7日・・「アルカイダ訓練」はうそか=イラク開戦の根拠、また揺らぐ-米

国連無視、先制攻撃さえも問題があるのに、大儀名分になっていた大量破壊兵器はなし。「テロに屈しない」と叫びながら「イラク」をテロ組織「アルカイダ」結びつけて攻撃した根拠もウソ。そもそも「アルカイダ」という組織もワザワザ「国際組織」にして「仮想の敵」をでっちあげたといいます。以前紹介した話をもう一回するなら、(今の)ブッシュの父親(元大統領)がスイスに持っている投資会社に投資していたのが「元国防省の要人」と、なんと「ビンラディン一族」。アメリカやロンドンのテロによる相場急落で大儲けした投資会社の一つです。

近代国家は「民主主義」を掲げていますが、背後には相変わらず資本主義(=利益を上げることが最優先の考え方)が民主主義を脅かすという構造があります。戦争も元を正せば「経済問題」を武力という手段で解決してきた(?)というのが歴史であるといえます。

平和な世界が実現したのでは、軍事産業とそれに関係した人々が経済的損失を被るという構造、利益のために「内戦を含め、どこかで戦乱が必要だとする構造。・・日本の場合は(アメリカのおかげか)、軍事産業ではなく、土建関係が代わりの役割をはたしたともいえます。

・・アフリカ貧困の問題も表向きの「債務免除の話」の裏で、相変わらず常任理事国がアフリカ諸国に武器を輸出して利益を上げている構造はそのまま。

⇒アメリカ社会に根を下ろす血に飢えた化け物「軍産複合体」



さて、近代民主主義で、アメリカ中枢(=主にネオコン)が最も怖れた(?)のはメディア(マスコミ)だといいます。そのために、早い段階から「マスコミ・メディア対策」なるものを実行してきたといいます。

・・たまに「資本主義」よりも明らかに大切な問題がでてくるのですが、(理由があるのか)問題が起こるまでまともに取り上げないのが今のマスコミ。

かつて自主規制していた「消費者金融のイメージアップCM」「パチンコのCM」をバンバン流し広告料を稼ぎ社員には高給高待遇を維持する放送局。スポンサーに遠慮してか闇金のニュースは流しても、消費者金融や、クレジット会社のニュースは流さない。まあこれらは「公共性」は(道義的に)非難されるでしょうが、コネ入社、見栄えのいい女子アナウンサーの採用などと同じく「利益を上げるための経済行動の一つ」といえば確かに否定されるべきものではないのかもしれません。

最近流行の「税金やら節約やらのバラエティ番組」でもたとえば、このような話を取り上げることは(何か大きな問題がでてくるまでは)恐らくタブーでしょう。⇒利息制限法と出資法・・利息制限法という法律を破っている企業(=つまり違法企業)のCMを平気で流してます。

注;利息制限法を破っても企業に罰則はありません。その替わりなのか「利息制限法を超える分」については「みなし弁済」ができます。←普通は弁護士を通して行います。
参考⇒⇒11月7日・・186人に計1億円返還 アイフル訴訟、4割が和解


しかし、最近の「アメリカ牛肉輸入解禁の問題」はどうでしょう?

アメリカ側の安全性軽視のことを大々的に取り上げるなら、少しは見直したいマスコミですが、ほとんど沈黙か「牛肉解禁で喜ぶ市民や企業の映像」だけ。(今後に期待はしてますが・・)

・・HIVやアズベストなら関係ないと笑っていられる人も、米牛肉輸入問題は自分とは関係ないとはいっていられないことでしょう。

★かつて米ソの冷戦構造のとき、ソ連の「経済崩壊」でソ連が自滅するといったことは考えられませんでした。米国牛肉問題は、日本もそうですがそのインパクトの大きさから、(極端だとは思いますが)アメリカの崩壊を引き起こす可能性もあるかもしれないのです。

時間はかかるでしょうが、情報のグローバル化、またネットの出現により少しずつ世の中は変わっていく、かわっていきつつあると思います。まさか、いまさら世界規模で「インターネット廃止」なんていうのは多分(?)できないでしょうから。


スポンサーサイト
  1. 2005/11/07(月) 13:41:58|
  2. 政治経済ほか|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<アメリカ人が関心のある食の問題は? | ホーム | BSE問題~プリオン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile1001.blog1.fc2.com/tb.php/100-a829f182

牛肉問題!

Yahoo!では今月の一日に報じられましたニュースですが…ヤットライブドアニュースでも報じられました(汗↓『[すき家]米国産牛は使わない、再度強調 ゼンショー社長』http://news.livedoor.com/↑っま本日報じられた事はやはり昨日ブッシュ大統領が来日したからかな...
  1. 2005/11/18(金) 00:42:51 |
  2. 無駄遣い・日常の出来事と地元等の報告です…
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。