『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

斉藤一人さんの本

斉藤一人さんに学ぼう というページを作って本を紹介しているんですが、検索などからいらして、多くの人に購入していただきありがとうございます。(訪問者数から考えると、物凄い比率で購入してくださっていると感じています。)

ページでは、かなり力を入れて紹介はしていますが、私は、斎藤さんに会ったこともなければ、話をしたこともないんです。(会ったこともないのに話せたら凄いですけどね。笑・・電話とかは可能か・・笑)

最近のCD本では「声」は聞かせてもらいました。また、ついでにいうと、一人さんの関係者(笑)にもあったことがないんです。

さて、精神世界というと、今の人は「江原啓介」さんなんでしょうが、そのような人はイロイロいまして、その中で「サネヤローマン」という外国の方の本の一節を抜粋して今日は紹介してみます。ただ、守護霊関係(?)とはちょっと違う関係の本のようです。(←よくわからないと思いますが・・)

たとえば、こんな感じです。

・・自分への尊敬は、自分自身を信じ、たとえ後でもっとよい方法を見つけるにしても、今は自分で一番よいと思うことをやっていると知っていることです。

それには、自分を非難せずに認め、ありのままの自分を良く思うことが必要です。いつも懸命に努力し、自分に何かを押し付け、それでいて、自分が何をしても充分でないと思う人がいます。

何かを成し遂げるために努力し、懸命に働くことは必ずしも「喜びの道」ではありません。


・・で、 なかに、一人さんについての、私の勝手な(笑)イメージが書いてました(笑)。

『親切で、優しく、あり余る愛を与えてくれる人々をみてください。本当に力のある人々は、とても謙虚です。

彼らは、他人に印象づけようとすることもなければ、影響を与えようともしません。彼らは、ただありのままの姿でいるだけです。

しかし、人々は磁石のように彼らに引き付けられます。彼らは、とても静かで、集中力があり、ほとんどいつも自分の中心的自己に気づいています。

彼らは外部の世界のあらゆることは、ただ単に自分の内部世界の象徴であることを知っています。

人々は彼らに触れただけで、元気を取り戻し、エネルギーを回復したように感じるのです。

彼らは、誰にも何事も確信させようとはしません。ただ、招いて贈り物を提供します。

彼らは聞きます。もし彼らが、自分が提供することがあれば、それを提供し、そうでなければ黙っています。』

なんとなくですが、こんな感じのイメージを、迷惑かもしれませんが、勝手に(笑)私は持っているんです。しかも、毎年、納税額トップ10にはいるような売り上げをあげている社長だというんだから、ある種のオドロキです。

山かなんかにこもっているんじゃなく、戦場と譬えられることも多いビジネスの場で実践できていることが素晴らしいとおもっているんです。(ただし、普通の社長ではなく、自然のなかに遊びによく出かける社長らしいです。笑)

今日の最後に・・

たとえ、人が深い言葉を話し、賢明なことを言っても、いっしょにいて、自分が、大きく広がるような感じがしなければ、本当の力を経験したのではありません。

(管理人 注)たとえば、考えの中にも「素晴らしい考え方」がいろいろあります。ですが、良い考え方のなかにも、(その時点での)自分に合わない考え方というのがあります。
だから、この日記を読んで、気分が悪くなるという人(笑)、納得できない人がいて当たり前ということになります。


考え方ではないですが、「都会の活気のある生活」と「田舎のノンビリした生活」ということでさらに話します。

どちらがいいとはいえないです。若者なら「田舎の生活」なんて退屈で死にそう(笑)と、思うことでしょう(?)。ですが、一ついえるのは、「都会の生活は、マイナス面も大きい」ということがいえます。スラム街、ホームレス・・これらは都会に産まれるんです。

もちろん、都会の中で「田舎にはない幸せ」を掴む人がいるのはもちろんです。個人の選択ですが、抽象的に次のようにまとめてみました。

「都会的」思考・・短期間で向上可能。無理がある分、反動も大きい。努力・自己完成の教え。脱落もあり。
「田舎的」思考・・短期的には時間がかかるようにみえる。無理がなく、自然である分、反動も小さい。努力を意識しない癒しの教え。物足りない可能性も。


スポンサーサイト
  1. 2004/11/22(月) 17:09:06|
  2. 「発想転換」日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ハウルの動く城 | ホーム | 精神観念論の最初のお話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile1001.blog1.fc2.com/tb.php/13-e066e2e1
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。