『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

上手くいく方法

新しい考えでは、物事が複雑になるのは・・物事が上手くいかなくなるのは「他者を基準に、物事はどうあるべきか?」と考えるからということになります。

他者を基準にする限り、人生は困難なものになります。

実は「他者を基準とすること」が上手くいく条件があるんです。というかあったんです。それは、社会全体が「共通の幻想」をもっているときだけです。

幻想が崩れ始めたとき、たとえば、今の日本です。教育でいうと学歴偏重に疑問を持つようになったとか、会社で言うと終身雇用制度が崩れてきたというのが「共通の幻想が崩れてきたことを示す一つの例」です。
価値観が多様化すること自体、共通の幻想が崩れかけていることを意味します

社会は一見混乱してように見えます。たとえば、TVの討論番組をみればわかることがあります。

意見や見方がバラバラで、はたして何が正しいのか?何をやれば上手くいくのか?・・わからないわけです。これは他者を基準にしているからです。(最近、ヒサビサに・・笑・・朝までテレビを見ました。教育問題がテーマだったので。そのテーマに関係したことでいうと、参加していた人には、実際に行動をおこしていて名前も知られている人もいました。で、聞いてると、実際に結果を出している人同士の意見や考え方が違うんです。

これは、正しい間違っているでいうなら、どちらも正しいんです。結果をだしているのですから。でも、このことに気づいていない(?)討論参加者は自分の考えだけが正しいと思い込むわけです。・・子供もいろいろいるということを考えると、いろいろな考え方が役に立つのは当たり前なんですが・・)

自分の基準としようとしたとき役に立つことがあります。
選択支を広げるということです。いろいろな意見や見方があることを、違った見方があることを学べばいいんです。

そうするとわかることがあります。回りの人たちの生き方考え方だけでは材料として(多くの場合)不十分であることです。・・そうすると、もっと多くの考え方生き方を集めてこようという気になります(?)。


目的次第で・・たとえば、スポーツの世界で、実力を上げていきたいとした場合、近くに優れた考え方や知識をもった指導者がいないことがあります。(つまり、よく見られるように、遠くまで指導を仰ぎにいくことになります。)

いろんな人生の選択肢の材料が必要です。現在生きている人、過去に生きた人、・・これを読んでいて、映画をみること、映画を見せることがとてもいい材料になることに気づく人もいるでしょう。・・昔なら、本をよめ(笑)・・なんてところでしょうか。


さて、上手くいく方法です。(これは特に・・自由にさせること・・が重要な前提条件です。)

それぞれの人が,他の人の考えでなく、自分の価値で動き出すことです。(できれば、そうすることで物事が上手くいくようになっているということを信じることです。)

何が、新しいのか?・・大勢が集まって、どれがいいとか?何が正しいとか?ということを探そうとするのではなく、いろいろある中で、自分はどうしたいのか?何から始めることができるのか?から始めるという考え方です。

わかったようでわからない話になったので(笑)、斎藤一人さんの本から引用します。

・・今、ある観光地が、お客さんが来なくて困っていたとするよ。そのとき、そこの商店街の店主が集まって意見を出し合ったり、行政にかけあったりいろんなことをするんだけど、それじゃあダメなんだよ。

なぜって、みんなで何かをやろうとすると,

「ウチはそんなことはできない」、「私はこうなんです。」
とかいって、いろいろ(できない)事情を言ってくるんだよ。その事情を調整している間に、チャンスが逃げちゃうんだ。

じゃあどうするのか、ってカンタンなの。
「一人勝ち」している人がでてくればいいんだよ。

「私は、現状分析して議論したり、みなさんの意見につきあっている暇はありません。私は私でバリバリやりますよ。」
って言う人が現れて成功すれば、そこの回りの人も助かるんだよ。

たとえば、自分がホテルかなんかやっていたなら、自分の知恵と工夫でバンバンお客サンを集めればいいんだ。

そうすると地元にある取引先も元気になる。

「あのホテルはやけに元気がいいな。何をやっているんだろう。ウチも真似てみようか。」ってところも出てくるの。

そうすると、その商店街自体が、いつのまにか人が集まりだして元気になってたりするんだ。

だから、自分の価値観で「自分が一人勝ち」することをすればいいんだ。これからは、そういう時代になるんだ。

(管理人)・・物事を分析したりして、みんなで話し合って、こうしたら上手くいくだろうという考え方をして、なにか魔法のように物事が上手くいくことを期待するというのは、ほどほどにしておいたほうがいいのではないかと思います。なかなか意見がまとまらないことに、そしてまた、やっと実行されたとしても思った以上の効果がないことに、腹が立つばかりだしね。(例えば、政治や政治家への期待・・笑)

実際、いい変化は、小さいところから、・・自分で動き出した一つの企業、役所でも自ら工夫に乗り出したところが、自分達の価値と工夫で「一人勝ち」することで大きな変化を起こし始めています。

そんでもって、他の役所や企業が、うまくいっているところからノウハウ(や考え方)を学ぼうと視察にくるというわけです。




スポンサーサイト
  1. 2005/01/29(土) 04:15:14|
  2. 「発想転換」日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<夢につながる道 | ホーム | なんだ!このカッコよさは!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile1001.blog1.fc2.com/tb.php/34-e9af48f4
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。