『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「オールイン」完

BS再放送「オールイン」見終わりました。
最後の結末(の演出?)も凄いよかったです。

日本人にとって、ちょっと懐かしい気持ちにさせてくれるドラマだと思います。(でも、ドラマの中ではパソコンも使っているし、携帯電話も使っています。)現代の日本では、ちょっと作れないドラマという気がします。

恋愛についての扱いも、(私の勝手な)モデルなんですが、アメリカ型・現代日本型 とは明らかに違っています。

お互いの自己主張で派手に口論するというイメージのアメリカ型、ぶっちゃけた感じで自己主張し、ストーカーなんていうのもある日本型とは、明らかに違います。

「愛を貫く美しさ」という昔日本にあった(?)のが韓国型(?)です。つまり、日本人からみて、たとえばヘギョのように、一人の男性を一生愛し続けると自分に誓い「彼が死んだとき、私の愛も死んだのです。」とか、「彼のことを愛しています。でも私が一緒にいると彼が不幸になるから一緒にいてはいけない運命なんです。」なんていって涙を流したりするところは、ぶっちゃけ(笑)、

「もっと違った考え方を持とうよ」なんて思うんですが、イナ(=ビョンホン)は、そんなことは言わないし、決して彼女を責めたりもしません。彼女の考え方が間違っていると主張もしません。彼女のことを、彼女の生き方を認めてやってとにかく優しいんです。(それでいて、行動というかアクションは、演出なのか、時にカナリ大胆だったりします。)

恋愛の取り上げ方もありますが、それ以上によかったのが、「男同士の友情」でした。最終話で、ビョンホンが、ともに修羅場を潜り抜けてきたホジョノと肩をだきあっって別れるシーンがありました。それを、わきで「男同士っていいものね」という顔をして(?)彼の女友達が眺めていたシーン・・すごく良かったです。

ドラマの筋とは直接関係ありませんが、他の登場人物にコミカルな笑いをいれていたり、随所にあるアクションシ-ンも、迫力があって楽しめます。ビョンホンの跳び回しケリが凄い。ビックリしたのは、カジノテーブルで座っていた態勢から、反対側にいる人の顔をめがけてイキナリの跳び回し蹴り!!ありえない!!(笑)




スポンサーサイト
  1. 2005/04/02(土) 10:24:26|
  2. なにげない話や日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ビョンホン来日 | ホーム | 韓国ドラマ「オールイン」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile1001.blog1.fc2.com/tb.php/45-8eb845fc
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。