『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

トリビアの泉で調べて欲しいこと おやじ おふくろ

自分の親のことを「何と呼んでいますか?」

というのも、昔から思っていたんですが、ドラマとかで、子供が「オヤジ」とか「オフクロ」とか呼ぶシーンがあるんだけど、どうも違和感があるんです。(ない人もいるでしょう。)

つまり、私は「オヤジ」「オフクロ」という言葉を使わないからです。じゃあ何をつかっているか?

「父さん、母さん」です。(関係ないですけど、巨人の星の星雄馬は、「とうちゃん・かあちゃん」でした。

さて、ここで分析がはいるんですが、「オヤジ・オフクロ」を使う人は、子供の頃「パパ・ママ」を使っていたのではないかということなんです。それをトリビアで調べてほしい(笑)。
(もちろん、小さな子供の頃からオヤジ・オフクロという呼び方を使っていた人もいると思います。)

 私の場合は、小さい頃から「父さん母さん」で、パパママを使った記憶はありません。また、そんな雰囲気の家でもなかったです。今は、廃れた(?)「長屋」というものに住んでました。(長屋とは、平屋で細長い構造の家に複数の家族が生活するというものです。もちろん玄関は別です。当然?お風呂はついていません。)

話を戻します。

日本語の語感として「パパ・ママ」は幼児語だといえます。特に、男が30代、40代になって「パパ」とか「ママ」とか言っていると、確実に気持ち悪いとおもわれます。

だから、普通の流れなら、成長の過程で「パパ・ママ」から大人も使える代わりとなる言葉を見つけようとします。そこで、ドラマなどでも良く耳にする「オヤジ・オフクロ」です。

いっぽう「とうさん、かあさん」(とうちゃん・かあちゃん、おとう・おかあ など地域によりバリエーションはある)は幼い子供が使うと「かわいいい言葉」ではありませんが、成長してからも(使っても変ではないので)使えます。

近頃は、やはり、「パパでちゅよ~」(笑)「ママでちゅよー」・・こんな感じの親が増えてきているんやろか?。



スポンサーサイト
  1. 2005/07/07(木) 12:10:21|
  2. なにげない話や日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<抵抗の明け渡し | ホーム | 「正しい」見方に振り回されない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile1001.blog1.fc2.com/tb.php/56-8c258345
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。