『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

遅れているマスコミ・マスコミはまず「コレ」をやめよ

・・・今日の日記は「一般的な」話です。

そろそろマスコミは「マスコミそのものの意義」を各会社ごとに、独自にうちだしてもいいのではないかと思います。「ことなる見方・新しい見方を提供すること」というのは荷が重いとしても、「私たちが気づいていないこと・忘れてしまいがちになること」をもっと積極的に提供していってもいいのではないかとおもうのです。たとえば、選挙の争点なんかは、マスコミ側がもっともっと視聴者に投げかけていってもいいはずです。

特に「政治関係」については、ちょっとひどすぎますね。(一部の番組では変化がみられるので、全体としてみれば、マスコミも少しづつ変わっていっているともいえるんですが・・)ひどいのは、いわゆる「ニュース・報道番組」です。

選挙の前に世論調査をしたり、「結果を予測」して、いったい何をしようとしているんや!ということです。 結果予想の分析などは、見ている側には何の役にもならないのは明らかです。ギャンブルなんかには、いわゆる「予想屋」っていうのがいるわけですが、マスコミは、いつから予想屋になったんでしょうか?

・・これをやると、結果はどうあれ、有権者が、その過程(プロセス)を見て学ぶ機会を失ってしまうことになります。郵政法案が参議院を通過するかどうかという時も、マスコミは「バカ丸出し」で「結果の予測」をやっていましたね。「永田町の論理」といって批判するのはいいでしょう。しかし、それに付き合って、必死で票読みまでもやっていたのが、ほかならぬマスコミ側のほうでした。


衆院選では、誰と誰が選挙区で対立する・・このような選挙活動をしている・・こういうニュースは、選挙に行く人が増えそうだという点では評価できる面はあるでしょう。しかし、それ以上の踏み込みがない。「はっきりいってただの映像の垂れ流し」。

とりあえず、再度、

「マスコミは結果の予測分析が、有権者には何の役にも立たないことに、もういいかげん気づけ!」(注:マスコミのほうが・・特に上層部・・、別の目的で、こんなことは百も承知でやっているとしたら・・気づかなければならないのは、私たちのほうです。)

分析している暇があったら、もっと候補者の政策・考え方を積極的に取り上げて、選挙民に判断の材料を提供するという姿勢に徹せよ。分析は「選挙のあとに好きなだけやってくれ。」・・といいたい。

ついでにいうと、やりかたによっては、結果を予測するより、(マスコミ内部で重視している)「視聴率」もとれるし、「投票率をあげる」ということもできるでしょう。・・報道のワイドショー化というのも指摘されることもありますが、ワイドショー化(演出)自体が問題なのではなく、製作する側・報道する側の視点そのもののほうに問題があるのです。

注・・問題があるとは、「直面するべき課題」を先延ばしすることで、結果「より深刻な状態」として直面することになるという意味です。



スポンサーサイト
  1. 2005/09/04(日) 12:46:29|
  2. 政治経済ほか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<信じられない話・・でっちあげ大国 | ホーム | ドラゴン桜・脳と心・・>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile1001.blog1.fc2.com/tb.php/68-2f1ffe33
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

11 | 2017/03 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。