『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

信じられない話・・でっちあげ大国

精神論が中心のこのブログですが、今日はちょっと「精神論をはなれた」信じられない話をご紹介します。・・そして、この話は今現在も続いている話です。

「イラクには大量破壊兵器はなかった!」・・このようなニュースを聞いたことがあるかもしれません。・・日本にとっては「自衛隊派遣とも関係する」話ですが、今日は「それよりも何倍もショッキングな話」をします。

かつて、アメリカという国には建国の理想があり「自由」そして「友愛」という素晴らしい考え方を持つ国でした。「貧しい国を助け、弱い国を守り、やさしくて強い兄貴」のような国でした。ですが、今はどうでしょう?

最近のアメリカ(ブッシュ+ネオコン)は、ほんとうにひどい状況であることが、アメリカの一部の市民からだけではなく、政府要人、軍の幹部の中からも厳しく指摘されているのです。

これらを告発するような番組(=アルカイダは政府のでっちあげという話や、イラク攻撃では、実は、兵士ではなく子供や市民がカナリの割合で犠牲になっているという事実をマスコミを規制して隠しているという話など)がBBC(英国国営放送)などで制作され、私たち日本人も目にするようになりました。

そのなかでは、たとえば、希望や理想を掲げることでは国民の支持を得られなくなったことに気づいた政府は「仮想の恐怖」をでっちあげることで、「政府に対する期待」を集めるというネオコンの考え方が背景にあることを述べていました

米ソ冷戦が終わったあとの仮想の敵・・それがすなわち「テロ集団」です。アルカイダの一味が逮捕されたというニュースも、あとで全く関係ない人がほとんどだったことも明らかになったというのも証拠をもとに放送していました。

テロ集団は、今に限らず、昔も「ゲリラ」や「武装集団」ということで存在していました。これを「大きな世界組織をもつテロのネットワーク組織」という形で「政府が敵をでっちあげてきたのです。」ブッシュは「テロと戦う強い指導者」というイメージで再選も果たし、今にいたっています。

このあとは、ある学者が書いた新聞記事を引用します。
「浜田和幸 はまだ かずゆき」・・国際政治経済学者。米ジョージワシントン大学政治学博士。米議会調査局などを経て、現在、国際未来科学研究所の代表も務める。・・本もいろいろ出しています。⇒「たかられる大国・日本―中国とアメリカ、その驚くべき“寄生”の手口」ほか

(抜粋)
・・ところが、インターネット上にアルカイダの偽サイトを立ち上げ、事あるごとに犯行声明を掲載していたのが、なんとCIAの関連会社で、雇われていたのがイスラエルの諜報部員であったことが判明。

コーランからの引用やアラビア語の文法を間違えたことでウソがばれてしまった。

ところで、9.11テロやロンドン地下鉄爆破事件の前後に、株の空売りや為替取引で大儲けした個人投資家や投機グループがいたことはご存知だろうか?

じつは、投機グループの背後にブッシュ一族の投資会社も潜んでいたことはあまり知られていない。「ポトマック・キャピタル」という会社である。

この会社は、登記されているのはジュネーブ。オーナー社長は、なんと元アメリカ大統領のブッシュ(今のブッシュの父親)なのだ。この会社は、アメリカの軍事産業に投資することで莫大な利益を上げている。

じつは、この会社に投資している団体を調べるととんでもないことがわかってきた。出資しているのは、ブッシュ一族のほかに、国防総省の元幹部、サウジアラビアのビンラディン一族、そして、かつてフセインに攻撃されたクウェートの石油会社である。敵と味方のデキレースもいいところだ。

「ポトマックキャピタル」はイスラム系金融機関(アルアタワ)がテロ組織の資金洗浄を行うため捜査していたとき浮上してきた会社である。FBIも捜査を開始したが、ブッシュ一族が関係する会社であることがわかり話がややこしくなった。結果、「アルアタワ」は、イラクのサダムフセインが核関連技術を売り込もうとしているというストーリーをでっちあげることになった。これが、後にアメリカがイラク攻撃をする伏線になるのである。お金が流れる先に真実が隠されているのだ。
(引用終わり)

テロ集団は確かにいますが、アルカイダというのが、デッチあげのネットワーク組織であることがわかってきています。それ以上に「おそろしい」のは、アメリカ人や世界の人々にショックを与えた「9.11テロ」も政府が関与するシナリオ(できレース)だったという状況証拠です。

実際に、ブッシュのやっていること、・・イラクの一般市民にどれだけ犠牲者がでようが、そして、自国民のアメリカ人でさえ、犠牲になっていようが、全く気にする素振りがありません。

ただし、アメリカ人自体も、今日述べたような事実にあまり関心を払わないのも事実であることを指摘しておきます。

多くの犠牲者を出した9.11テロは、政府のデキレースだった。・・軽い話なら「トレビアの泉」で扱うようなビックリ話なんでしょうが、

・・・あなたはこれを信じることができますか?


スポンサーサイト
  1. 2005/09/05(月) 16:26:32|
  2. 政治経済ほか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<シュリーマンの言語習得方法 | ホーム | 遅れているマスコミ・マスコミはまず「コレ」をやめよ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile1001.blog1.fc2.com/tb.php/69-49d330bc
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。