『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シュリーマンの言語習得方法

神経細胞には「もともと繋がっていない構造があるのだ。」

繰り返しにより「酵素の働きで、実際に強い電流が流れるように、細胞レベルで変化が生じるのだ。」

・・そして、この「学習体力」をつけることが、現在の実力から大きく飛躍する鍵になるのだ。

・・前回の話でした。

酵素の働きが介在することから、「酵素が働きやすい体質に生まれている人」も、もちろんいるでしょう。しかし、ほんとんどの人にとって、その道のプロ(大学教授・通訳等)になれるだけの能力を要求されているわけではありません。

・・ドラゴン桜でも取り扱われていたように、訓練により「学習の基礎体力」をつけることが重要事項なのです。(訓練とは、覚えることより、訓練することのほうに重点があることに注意してください。前回話した『(無理に)覚えようとしない』学習法もそのひとつです。

ドラゴン桜の中で「頭がからっぽな奴ほど東大に合格しやすい素質をもっているんだ」と桜木先生に言わせたのは、この訓練の部分なんです。・・多分・・笑。)

因みに、今では一部認められるようになってきましたが、「大人のためのドリル」(簡単な計算問題がたくさん入っている問題集)が訓練教材として見直されています。しかし、昔なら、簡単すぎて何の効果も期待できないやるだけ無駄な問題集、大人がやるようなもんではない。と鼻で笑われて、見向きもされない類の本だったのです。

実践的な話で言うなら、確かに、いい問題集や参考書は存在しますし、今は、昔と比べてもいい問題集や参考書が増えています。英語ならCDつきなんていうのも当たり前になってきています。(今学生の人はラッキーですね。)・・・・・ただし、訓練や能力開発という視点がないと「東大合格者と同じ問題集をやったはずなのに、自分にはさっぱり実力がつかない。やっぱり自分は頭が悪いのだろうか?」というようになってしまうといえます。

・・さて、この「学習体力」は、かなり無意識に(?)訓練されている場合があります。いわゆる「年収の高い家庭に生まれた子供は、家庭教師をつけるなど、かなり小さいころから『学習体力』をつけさせるような教育を受けています。たとえば、(普通はできませんが)、子供が小学生になる前に2~3年でも外国暮らしをさせることで、あとで英語を覚えなければならないときに「単語や文章を覚えるスピードにおいてカナリの差となってでてくるのは事実です。」

・・さて、今日の話題です。かつてシュリーマンという15ケ国語をマスターしたといわれる語学の天才がいました。(トロイ遺跡発掘で有名になった人です。)

彼は、かなり貧しい環境で育ったようで、まあ、自分で考えて努力した人だといえるでしょう。記録では、ポーランド語やスウェーデン語はわずか24日間でマスターしたと言われています。

彼の言っている学習法を紹介します。
非常に多く音読すること、決して翻訳しないこと、毎日一時間をあてること。また、つねに興味ある対象について作文を書くこと、これを教師の指導によって訂正すること。毎日直されたものを暗記して、次の時間に暗誦すること。」だそうです。

・・「学習体力をつけること」 と、一方で「毎日しっかりと覚えていくこと」、「暗記すること」と、「表現していくこと(アウトプット)」の「バランスが素晴らしい」と私は感じました。(たいていは片方しか実践していない人が多いのです。)

さらに、シュリーマンが「わかってやっていた面白い話」があります。

リアリティを持たせるために、その外国語が分らない人でもいいから、人を雇って(←凄い・・笑)、その人の前で学んでいる言語の文章を読み上げたというのだ。

・・「私と同じ!」(笑)という人もいるかもしれませんが、英語を勉強するときは、自分のレベルに関係なく「アメリカ人になりきる」ということが効果的なんです。(俳優役者で、登場人物になりきることで、せりふ が簡単に覚えられると発言する人が多いです。)

だから、教科書の文(習った文章)でも国際会議かなんかで、自分が今、その文の内容を「演説しているかのようなつもりで」音読すると効果的なんです。中で、強調したい内容(だと自分で感じたところは)、強調して読んでいくことになります。

因みに、欧米人は話すときに、日本人が日本語を話す時に真似してやるとキザっぽくなる(笑)「手を使ったある種のパターン ジェスチャーをもっている」ので、英語を読むときには、そんなのも真似して「ナリキル」のがコツといえるでしょう。

どういうジェスチャーか?って・・・・ニュースなどで出てくるインタビューなどの映像をよく観察してみてください(笑)。

最後に、

すでにある程度「学習体力」がある人(=頭がいい人)は、当たり前にできることについては「訓練の必要性を感じません」。ところが、頭がいいとうぬぼれてきた人たちも、(たとえば)東京大学合格のようなハイレベルの目標に対しては、自分のいけそうな大学に志望校を変更するか、あるいは、考え方を変えて「訓練」という視点をとりいれてやり抜くか を選ぶことになります。(・・実際には、すべてのレベルでこの選択がおこります。)

その結果、東京大学合格体験記には、頭のいい人たちにしては、一見似つかわしくない「同じ数学の問題集を3回繰り返した」といった地味なコメントが多く見られることになります。

・・というのが私の個人的な意見です。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/07(水) 15:30:49|
  2. ドラゴン桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<カトリーナ | ホーム | 信じられない話・・でっちあげ大国>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile1001.blog1.fc2.com/tb.php/70-3952beba
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。