『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドラゴン桜 特別編 10月14日(金)放送

・・試験というのは対話。相手との対話であり、自己との対話である。

こういう「ちょっと深い精神論的な言葉」を馬鹿にせず「唱えていた生徒たち」。いい生徒達だなぁ(笑)。試験を受ける際の心構えだそうです。あと、まわりは「カボチャ」(笑)とか、まわりは「メロン」(笑)というのもありました。

さて、ドラゴン桜 特別編 東大受験丸秘テクニック が10月14日(金)22時から放映があるようです。

まず、ドラマについて少々書いてみます。★ドラゴン桜 キャスト

ドラゴン桜の中の桜木先生が魅力的であるのは、その考え方にあります。ただ、このドラマの最初にひっかかった部分がありました。「東大合格を生徒の目標にさせたこと」です。「東大合格が凄い」という実感がどうも元々(笑)ないんです。感覚的にはハーバード大学合格みたいな感じで、よその国のこと(笑)のような感じなんです。これは、私の住んでいる地方のせいだとおもうんですが、東京大学が近くにあるわけでもないですし、東大をめざす受験生の人数自体も少ないので話題に上ることもなく、凄さが伝わってこないんです。

東大が身近で2次試験に国語がなかったら(笑)、私は受けていたかもしれませんが。・・せいぜい菊川怜ちゃん(東大工学部建築学科卒)かわいいね(笑)って感じです。まあ、田舎もんということです(笑)。

それに、前に話しましたが、「今の都会の子供たちはすでに生意気になっている・・失礼(笑)・・いや、もう気づいているところがあるんです。・・学歴社会はすでに崩壊していると・・」

なんだかんだいって「東大合格は大変かもしれないけど、社会に出てからも通用するプラチナチケットだと思えなくなっている」ということなんです。・・学問研究に携わるという意味では最高の大学だとは思っているかもしれません。(個人によっても、地域によってかなり受け取り方は違うと思いますよ。)

で、桜木先生ですが、先生しかやったことがないような教師とは違って「東大に合格することだけ(=結果だけ)に価値がある」とは(本心では)思っていなかったわけです。

生徒の中で、東大二次試験二日目に、意識の戻らない母親が心配で試験には行かなかった水野という生徒がいました。母親の意識が戻って、試験会場に走ったんですが、間に合いませんでした。
そして教室で桜木先生と次のような会話をすることになります。

生徒(水野)(半分泣きながら) 「人生180度変えるつもりだったけどできなかった。360度回って元に戻っちゃった・・・」

桜木「ばかなこと言うな。時間ってやつはな、元には戻らねぇ。いいことも悪いことも全てそいつの中に積もっていく。お前は一年間勉強した。東大に受かろうが受からなかろうがその事実は変わらねぇよ。お前は変わったんだ。


・・勉強は何のためにするのか?・・大人の方なら・・自分は何のために生きるのか?

・・・勉強することが、少しも無駄にならないから勉強し、生きることも、たとえどのような生き方であるとしても少しも無駄にならないから生きるというのが私の考えですが、桜木流にいうなら上のようになるでしょう。・・何のために勉強するのか?という質問は「人生には無駄なものがある」という考え方、「人生の早い段階で、何が無駄であるのかを自分が判断できるという思い込み」から出てくる問です。たいていは「本当は勉強が好きな人が、ちょっとした理由で嫌になっているだけ」です。だから、「勉強することが好きになるために勉強するんだよ」(笑)とでもいっておいてください。

それでも無駄に思えるとすれば「自分の目指すものがはっきりしていない」のだといえます。自分がはっきりしている人には「無駄」が入りこむ余地は少ないのです。・・松井選手が子供(小学生)のころ柔道で期待されながら、後で野球に転向したのは「柔道の練習が無駄だと思ったからではなく、柔道を通して、自分がやりたいのは柔道ではなく野球であることにはっきり気づいたから」です。


さて、考え方ということですが、今日も学習法話を。
いい参考書・問題集はありますが、「どのようにやるか」ということについては、あまり触れられません。

前回、「数学は見直しだ」ということで、自分がつまずいたプロセス、欠けていた知識を「文字にして見直せるようにしておく」ということを述べました。また、このことから数学のノートをみれば、成績が伸びるかどうか、かなりの確率でわかる ということも述べました。

今日は、物理や数学の実際の学習方法についてかいてみます。(私の場合です。)

いろんな要素を加味して、とった方法は「ワンクッション法」です。これには、自分に講義するという意味もあります。自分が勉強してきたことを無駄にしない、大切にするという考え方が根本にあります。

「1回で理解し覚えようとするのではなく、はじめから復習することを前提に、しかも模試のたびにすべてを見直す」という、以前ここで述べた「東大合格型学習法」です。

まずは、問題をチラシの裏(笑)などに、解いてみます。解けなければ解答を見ながら、答えまで導きます。もちろん、自分がつまずいたところ、欠けていた知識も付け加えます。これがワンクッションです。

後日、自分に講義するつもりで、・・参考書でも作るかのように「丁寧に」ルーズリーフにまとめていきます。試験前には、自分がまとめたものをすべて見直します。3年間分のものがあるとしたら「3年分」すべて一気に見直します。

ワンクッションおくとは、「どんどん問題を解いていく数学」と「一度チラシの裏などに解いたものを、丁寧にノートしていく数学」を計画上でも「完全に時間を分けて取り組む」ということです。理解することが主体の学習と記憶することが主体の学習を「2ステップ」で時間を分けるというやりかたは聞いたことがないかもしれません。私も聞いたことがありません(笑)。(なお、解いた問題のすべてをまとめるわけではありません)

基本は物理も同じですが、特に物理は「基礎知識のまとめ」も同じようにします。物理は、一回目は解くと言うより問題自体をまとめます。ただ類題が多いので、その場合は解くことはしても「付け加えたい知識」がなければ、そのまま「やり捨て」ということになります。


予備校や学校の授業についても同じようにやっていきます。

★暗記・・ドラゴン桜をみていて「学習テクニック」でものすごく気になったことがありました。10月14日の特別編で訂正されるでしょうか?というのは、物理の公式みたいなものを「反射的に」出てくるようにしていたところです。

物理は暗記科目といっても、「公式だけを試験10分前に見る」(笑)みたいなことは、まったくしなくなったんです。数学でもそうでしょうが、公式そのものより、公式をどのように導くかを覚え、使うときは常に導くようにしてました。

元になる公式もできるだけ「感覚的な理解」を加えていました。
ドラゴン桜の物理勉強法が気になります(笑)。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/18(日) 06:59:44|
  2. ドラゴン桜|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<学習体力をつける2 | ホーム | ドラゴン桜 放映終了  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile1001.blog1.fc2.com/tb.php/77-24f9348c

ドラゴン桜 DVD-BOX

ドラゴン桜 DVD-BOX 初回特典 6巻収納BOX付き。 ※初回版がなくなりしだい通常版に切り替わります。ご注文はお早めに。 ※初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回限.
  1. 2005/09/18(日) 11:06:27 |
  2. nagaiでした。
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。