『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

その『想い』を大切に・・

今日は「細木数子」さんの特別番組をみて、書いてみます。

とても勉強になりました。特に教育において・・「ゆとり」ではなく「余裕」が必要・・余裕が「やる気」を生む・・という言葉は、本質をついた素晴らしい考え方でした。

「人生を急ぎすぎない。ゆっくりと焦らず生きる。」・・(言葉にしなくても)このような考え方がもてる現代人が少なくなっているといえます。

前「女子高生スペシャル」の時も書きましたが、たとえば、「親に感謝することの大切さ」は、単なる道徳としていっているのではないということをいいました。(今回は、父親が好きという女子高生が増えてました。いい変化です。)

それは、「あなたの観念が受け付けないかもしれない話」ということで話したことでもあります。それは、自分の親や環境は自分で決めて生まれてきているということです。
あなたの観念が受け付けないかもしれない話・・ 細木数子&江原啓之の番組を見て

これは、残念ながら「証明することができません。」(ただし、通常の法則のように、この理解をもとに結果をだしていくことができます。

・・(注 証明という考え方も、自分が(=生きている人間が)理解できるという程度の意味しかありません。・・証明されなけれ存在できないとすれば、すべての根源は「証明」から生まれる(笑)という変なことになります。簡単に言うと、小(=証明)に大(=存在のすべて)を含めることができないということです。・・逆に存在から証明が生まれたと言うこともできます。つまり証明も「世界を理解する一つの方法として人間が考え出した」ということです。 最先端の物理学者は、その程度の意味でしかないことに気づいている人も多いといいます。)

あの世についても同じことで、究極の真実(←あるとしたら)とは別に、

この世が存在するというなら、あの世も幻想でない」ともいえるし、
この世は仮の世界に過ぎない ということを貫徹できるなら、あの世も幻想にすぎない」ということもできます。

もちろん、このようなことを、どうしても受け入れられない人もいます。・・特に、「そうかも知れないね」という反応ではなく、「絶対信じられない」という場合です。ですが、これはこれで意味があるといえます。

あの世が確実にあるんだ・・ということを知ることで充実した人生を送れる人もいれば、あの世がない・・と思うことで、今の一瞬一瞬を大切に生きることができる人もいるからです。

「一瞬一瞬の大切さ」を知ることが主ならば「あの世のことはどっちでもいい」ともいえるのです。(難しくいうと、未来も含め、あらゆる存在がすでに存在しており、どんな形であれ、自分は単に「今」を経験していくだけ・・ともいえるのです。)

ですが、強烈に否定したい気持ちがあるならば、それは、(私から見れば)ある意味、それこそ何か大きなものの目的があって、その人の人生が進んでいる・・ということを単に表しているだけということになります。・・だからこそ「その想いを大切に」ということです。

細木さんの番組で教師たち(50人)が出演していました。・・細木さんはよく「根本から」ということを述べます。

この日記で「価値観をもった国づくり」という言い方で「健康大国」ということを述べました。これは、他にもあります。たとえば、「環境大国」です。・・日本ほどそれをやるのに適任の国がないともいえます。
賛同する国たちと新たな関係が生まれていくことでしょう。

他には「精神大国をめざす」というのもあります。日本だけでなく、アメリカや中国をみていて感じていることがあるんですが、たとえば、中国には孔子や老子を始めとして「素晴らしい精神文化」を誇る時代がありました。そして後の世にも精神遺産を引き継いでいった時代がありました。しかし、(特に現代になってから)、そういった過去の精神遺産から教育制度を恣意的に使うことで、国民が学ぶ機会を奪ってきました。

単純な話でも、今先進国では「資本主義」を採用しています。もちろんプラス面もありますが、これが本当に素晴らしいシステムなんでしょうか?・・つまり、もっと下のレベルで使うべきものなんです。資本主義で、「原油の価格が高騰したから国が集まって話し合う」って、そろそろ(重要なことから)資本主義やめたらといいたいところです。・・私たちは、そんな「あぶないシステム」(笑)の上に経済繁栄を誇っているわけです。

そういったのとは別に、もたらす結果が地球をダメにするレベルまで来てしまっています。・・

因みに、私が知っていつも愕然とするのは、次のようなことです。

アマゾンで熱帯雨林が毎年「日本の四国と匹敵する面積だけ減っている」・・家畜を飼うためです。・・それは、消費大国「日本」へ輸出するためにです。

、東南アジアでマングローブの森(下は海面)が物凄い勢いで破壊されている・・エビを養殖するためです。エビ養殖では、養殖の条件があるそうで、次々と新しい「養殖地域」を確保しなければなりません。

エビの最大の輸出国は、日本です。・・日本国民が意識してないところで、実は地球温暖化に直接つながるような原因を作り、事態を悪化させているわけです。

実は、日本を「精神大国」にするために「すぐできる方法」があります。それは、教科で言うと「倫社」・・つまり「哲学」を受験の必須科目にすることです。(たとえば、センター試験に必須項目として取り入れることならすぐに実行できます。)

もちろん、ただの「受験科目」としてしか考えられない人もいますが、多くを学ぶ生徒が増えることでしょう。

本当は、もっと広い意味、硬く言うと「人生学」見たいな感じで、過去の思想家のほかに、偉人、たとえば、織田信長とか、豊臣秀吉、とかの人生を学ぶなんてことができます。

これは、小学生からも可能です。というのも、自主的ではあったんですが「私も、小学生のころ」、いわゆる「伝記」といわれるものを相当読んだことがあるからです。

ところで、人生に対する見方を、人はどこで学ぶでしょうか?・・たいていは、家族や周りの生き方であり、尊敬するアーチストやTVにでる人たちです。しかも、たいていは「まだ生きている人」(笑)です。

一方、過去の人は「いい意味でも、悪い意味でも、人生を全うした人達」であり、そうした人の人生を一生という大きな視点から学ぶことができます。・・ついでにいうと「このような事を、社会人になってから、自分の意思で学んでいる人もいます。・・もちろん暗記のためではなく、考え方を学ぶためであり、人生のさまざまな場面でどんな決断をして結果どうなっていったのか・・ということを学ぶためです。」

・・これらは、もっと早い時期から「学んでもいいではないでしょうか?」というのも、「考え方というのは、当然なんですが、利用範囲が驚くほど広いんです。日常の生活から高度なものまで何に対しても使うことができます。」

もちろん、個人個人が自主的にすることでもありますが、「精神大国」として、国を挙げて「奨励」していくとしたらその影響は計り知れないでしょう。・・(当然ながら、その過程では、生徒だけではなく教師も学べることになります。ついでに親も・・笑)

さまざまな考え方・・違った見方・・を学ぶとは素晴らしいことです。(同時にこれは、権力側の人達にとっては脅威になります。)・・選挙(や民主主義)は国民の声といますが、国民にいろいろな見方を学ばせたうえで「判断してください」ではありません。

・・歴史的には、たとえばアメリカは「マスコミ」が登場してから、明らかに「イメージ戦略」(=世論操作)を国の中枢が画策しています。
(日本では、現状では自民党が先陣を切っています。)

「新しい見方で考えること」は(普通の人が)「思っている以上に強力です。」・・そして、これは「意識の変革」です。・・

いいのか悪いのか「意識の変革なんてやだよ」という人がいます。「しょうがないなあ」(笑)ということもありますが、残念ながら「多くの領域で意識の変革が必要とされています」。

「痛い目にあってから意識をかえるか、痛い目に合う前に変えるかです。」・・現状は、痛い目にあうのはわかるけど「そんなに痛くないんじゃないんじゃないの?」「どうも実感わかないし自分には関係ないんじゃないの?」という感じです。地球温暖化なんていう「はっきり指摘されていること」でさえそうです。

実際は「何か問題が生じたとき、それもすぐに解決策が浮かばないような問題が生じたとき、これらすべてが痛い目にあっているという症状です。」・・犯罪などの増加もそうですし、自然災害もそうです。






スポンサーサイト
  1. 2005/09/28(水) 00:40:33|
  2. 「発想転換」日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<新しい見方は「画期的」でも「刺激的」でもない | ホーム | 電車男 最終回>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile1001.blog1.fc2.com/tb.php/82-797e2da2
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

11 | 2017/03 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。