『与えてこそ手に入るもの』

→長期で稼げ!小遣い&副収入 →斉藤一人さんに学ぼう(管理人オススメ本) →管理人の旧『日記?』

----------------------------アフィリエイトサイト管理人の「発想の転換」日記~「楽しい精神観念論」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

知恵を見た?

このブログは、私の「メモ帳」みたいなところもあります。だから、あとで自分のブログを読み返して忘れていたことを思い出したりすることもあります。で、今・・TVを見てまして、ちょっとメモしておきたいことがあって書いています。

それは、「金のA様×B様」という番組でとりあげられていた話です。(おすぎさん・ぴーこさんが出ているやつ。)

そのなかで、ニュージーランドで成功した日本人の話を取り上げています。取り上げたいのは、「スランプを切り抜けた考え方」です。

そのかたは、ニュージーランドで初めて温泉旅館を経営された女の方です。で、その温泉旅館なんですが、従業員がきちんと仕事をしてくれないことに悩んでいました。

1.従業員に厳しくしてもダメ
2.自ら先頭にたって働き、従業員にやさしくしてもダメ

でした。

実際、店のコックが食材を家に持ち帰ったり、宿泊マネージャーが自分の友人をタダで宿泊させたり、中には庭でマリファナを栽培して捕まる従業員がでる始末で・・どうしたらいいのかお手上げの状態でした。

そんなことを「マネージャー」に相談すると、思いもよらない言葉が返ってきました。
「あら、そんなの簡単よ。あなたは週5日遊んでください。


結果、従業員たちがきちんと働いてくれるようになりました。


★さて、これを読んで不思議な気持ちになるかもしれません。論理的に考える人は特に。

一応、分析を書いときます。

・社長に対して「いいイメージ」をもってもらえた。人生を楽しんでいるリーダ-、余裕のあるリーダー・・といった具合に。

・自ら先頭にたってやっていたとき、実は「私はこんなに頑張っているんだから」、あなたがたも頑張りなさいという「押し付けの気持ち」が反発を生んだ。

・週2回だけ社長が顔を出すことで、社長のいないときには「責任感」を、社長が来るときには「適度な緊張感」をといったいいメリハリがつくようになった。

(管理人)少なくても週5日遊ぶようにすることで、社長の「心境」が変わったことだけは確かです。従業員に全くの自由裁量を与えることで、そして信頼を与えることで、従業員自身が「仕事の楽しさ・やりがい」を知ったというのも確かでしょう。

因みに「信頼」「一体感」ということばを以前取り上げたことがあります。私の勝手な理論ですが、「すべてが一つ」という概念をちょっと具体化したのが、これらの言葉です。

さらに「信頼感」「一体感」を生み出すような「さらに具体的なこと」もいろいろ考えることができます。「お互い信頼しあえる関係をつくるのに、何かできるだろうか?何か楽しい工夫ができないだろうか?」です。

因みに「7つの習慣」を書いたコビーさんの著書の中に次のようなものがあります。

信頼は人間にとって究極の動機づけである。それは、その人の最善の姿を引き出すものである。

ただ、彼の場合次のように続けています。

・・しかし、それには忍耐と時間が必要だ。そして、人は、その信頼に答えられるレベルまで能力を引き上げる訓練が必要となることもある。

⇒「7つの習慣」・・難しく分厚い本なので読むのも大変であり、個人的には「一人さん」の本のほうをススメたいですが、まあ、こういう感じが好きな人には、それなりにオススメです。

(抜粋)インサイドアウトとは自分の内面を変えることから始めるということであり、自分自身の根本的な考え方、人格、動機などを変えることから始めるという意味である。

アウトサイドインのやりかたの結果として私が見てきたのは、被害者意識に悩み、自由を束縛された不幸な人々であり、自分がうまくいかない状況の責任を周りの人や環境のせいにする人々であった。(抜粋終)

他にも、物事に対する見方を変えることなどが書かれていますが、この本の素晴らしいところは、「バランス」の大切さについても記述されている点です。

イソップ物語の「黄金の卵の物語」を引き合いに出し、「効果性」(=たとえば企業収益)を達成するには「単に論理的な見方を持つ」だけではなく「バランスこそが鍵である」ことを強調しています。

リンクを作って気づいたんですが、今年(2005年)「第8の習慣」という本を出しているようです。⇒「第8の習慣」~「効果」から「偉大」へ
・・今日の世界における究極の課題は、「自分のボイス(内面の声)を発見すること、そして自分以外の人もボイスを発見できるよう奮起させる」こと。これが、コヴィー博士がいう「第8の習慣」です。

★個人的にちょっと読んで見たいとおもったのは、7つの習慣の考え方を小学校の教育授業に生かしたという話です。
⇒「7つの習慣 小学校実践記」
スポンサーサイト
  1. 2005/10/20(木) 20:58:34|
  2. 小さな変化から|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<ありがとうというだけで | ホーム | 昔書いた日記リバイバル~『水の思想』>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile1001.blog1.fc2.com/tb.php/95-76780612

今週は深夜作業ありまくり! パート3

前回からの続きです。豊田のすおみの湯に行っててきました。ここには聞いた事の無い・・・炭酸温泉があります。ここに来るまで私も知らなかった。本当に炭酸が溶け込んでいるんです。コンビニで売っているソーダ水。あれをお....
  1. 2005/10/21(金) 10:01:05 |
  2. BLUEの宇宙旅立ち日記
→一人さんの「今日の言葉」
→日本一語録?

Category

Recent Entries

 

ニシヤン

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。